情と知。。。
ふと、言葉遊びに思索をゆだねてみた。。。

哲学=智を愛する

「愛する」という言葉は、本来「情」の側面を「知」の側面にて「ことば」にしたものであり、「方向性」のみがあるものだと思う。

すなわち、「知」のレベルよりも「情」のレベルにこそ「哲学」の真髄があるように思われる。。。
そうして、「知」を「情」が包含するかのようにも受けとれる。。。


たしか、数年前、そういったことを語っておられた旅人が一人、おられたような。。。

===2004.10.12 18:45追加。。。

「知」のレベルでも、「認識・存在」という2方向(わたしがメビウスの輪にたとえた二元論的方向性)があり、さらに「知・情」という2方向がある。。。どちらが真というわけではなく、「どちらも」わたしには必要不可欠なものである。

そうして、それら「わたし」からの種々の方向性と、わたしを取り巻く外部の種々の方向性との関係を考えると、まさに複雑に絡み合う世情そのものになってしまう。。。

じゃあ、そんなこと考えなくても。。。
って、ことになるかもしれないけれど、一番重要なことは、

「わたしがそう考えるから、そうであり、わたしがそう信じるから、そうである」ということを抜きにしては、「わたし」は「わたし」ではなくなる、ということである。

「何も考えないで、そうである」のと、「とことんまで考える過程で、そうである」のとは、「わたし」が「わたし」であるかどうか?というレベルにて異なるといえる。さらに言えば、次の一歩が、大きく異なるかもしれない。。。と。。。

それだけ、「わたし」の思考・信念という領域に対しては、『わたし』が常に考え続けねばならないのだろうと思っている。

私の場合、考え方の根本は、5年、10年というスパンで変わってきている。。。
おそらく、年をとるにつれて、変化はほとんどなくなるのだろう。。。
でも、一生考え続けて生きたい問題ではある。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-10-12 12:53 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jinen.exblog.jp/tb/521665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デリダの死。。。「存在論的、郵... 「にこごり」。。。別の視点。。。 >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
自らの胸に手を当てず。。。
from 来生自然の。。。
ゲームの時間です。。。け..
from 来生自然の。。。
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧