知的切断面と情と。。。
注:過去の投稿をベースにしてるので、「概念、知的切断面、状報」などに関して、リンクを埋め込みました。2005/01/23

概念という知的切断面への収束は、一方向のみであれば、単なるレッテル貼りと変わらない。
別の概念という知的切断面への収束が、相矛盾する状態を作り出すのならば、そうして、それらが、切り離し不可能な関係で結び付けられているのならば、概念同士によって「多義図形・だまし絵」が構成されていくであろう。

端的な例としては、前回示した、神・霊的存在などに対する宗教概念であろう。

注意して欲しいのは、前回までに何度も記述している「狭義の」という言葉である。
これは、知的切断面への収束度の違いによる。収束度が高いほど、情報から状報へと変化し、共有不可能性から共有可能性へと変化するという概念。収束度が高いほど狭義になるといえる。
即ち、概念として認識可能な範疇で、知的切断面への収束度が低い状態が「広義の」ということになる。
ただし、その場合、多くの人々の間では異なった考え(知的切断面)を引き起こすであろう。


さて、これら知的切断面に対する情(ないし情的方向性)は、主体からこれら知的切断面を貫く方向性にある。
逆に言えば、知的切断面の向こう側が「無」であっても、「無」を含む「総体」というものに対して、主体が情的方向性を持ちうるのであれば、そこに「知的切断面」(概念)が形作られるといっていいであろう。まさに、「紙に書いた文字をどのように感じ取るか」ということである。
b0032038_6474130.jpg

知的・幻想的に概念が共有可能であるということは、主体の位置(認識の違い・同一人物でも別の人物でもいい)に依存して知的切断面を貫く方向性が微妙にずれうる。このズレが複数の焦点に収束しうるとき、いわゆる狭義の「多義図形・だまし絵」という概念になるのだと思う。
b0032038_6475139.jpg

[PR]
by kisugi_jinen | 2005-01-22 06:48 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jinen.exblog.jp/tb/1794973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 共有可能性と不可能性。。。 一神教的・科学的・客観的。。。... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
自らの胸に手を当てず。。。
from 来生自然の。。。
ゲームの時間です。。。け..
from 来生自然の。。。
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧