AX
竹田現象学とディープラーニングと。。。人工知能の空気を読めるのか?。。。
何の脈絡もなくつながっていくような言葉はない。。。
孤立した単語が一連のものとして認識されると同時に立ち現れる認識。。。

現在、ディープラーニングが人工知能の核となっている。有名どころでは、29連勝した将棋界の若きホープ、藤井聡太四段の指し手と比較された将棋ソフトとその解説。
皆気づきつつあるだろうが、ディープラーニングにて得られるのは「結果」だけであって、思索過程を垣間見ることはできない。

なぜ、ディープラーニングを用いると、途中の思索過程が人間に理解不可能になるのか?

実を言えば思索過程を垣間見ようとするとき、ディープラーニングを用いることができないわけではない。

その昔、人工知能技術は幾度か挫折した経緯がある。

そもそも人間の思考・思索と脳の構造・機能を模倣しようとしたために挫折している。
なぜかといえば、人工知能に常識を持たせることが不可能に近いとプログラマーが理解したからである。

実のところ「なぜかといえば」以降の理由と前段の「挫折」との関係が分からない方々がおられることを想定している。このことこそが、タイトルの単語の連接と密接に関連している。

旧来の人工知能は、「言葉」という「記号」を、コンピューター内部の「0」ないし「1」の組み合わせで表現し、複数の記号(「言葉」)を、「関係」という「言葉」(0,1の記号)にて結び付け、知識体系として内部に持たせようとした。
ようするに、人間が理解可能な状態を、記号列にてコンピューター内部に表現しようとしたわけで、初期の人工知能研究は「セマンティック・ネットワーク(意味ネットワーク)」と呼ばれる構造が主流であった。

(少し専門的すぎるので、===で挟まれた事項は読み飛ばしてもOK)
==========
具体的には、
1.新たな知識を加えるとき
単語や画像といった「オブジェクト」【点】が外部から入力されたとき、それまで蓄えられた知識に(意味ある)「関係」という【線(専門用語では有向、無向グラフ)】で結び付けていく操作を、入力者との対話にて、人工知能内部で自動的に行わせ、構築していく。
2.質問に対する答えについて推論をさせるとき
与えられた言葉や画像といった「オブジェクト」を構築された意味ネットワーク内部の知識(オブジェクト)と照合し、類似した項目に関連する「関係」を踏まえて質問を繰り返し、「質問」に対する「答え」を導き出す。
などといった工程を踏む。
(以上、初期の人工知能の戦略)
3.(いわゆる第五世代以降、ディープラーニングまでの期間)入口と出口を規定し、途中の思索過程を人工知能にて処理する方法
「手書き文字」とか「将棋の盤面」とかいった一定の入力情報(入口)に対し、求めたい結果として、たとえば「文字コード」とか「次の手の評価値」を出力する(出口)システム(「閉じた世界」)を考えるとき、途中部分について、神経細胞のようなネットワークにて対応させるシステムが主流となった。
内部で「どうして、そういった結果となるのか?」を解析しやすいように、3層構造のパーセプトロンといった神経細胞を模したシステムや、ボルツマンマシンといった、焼き鈍しを模倣し、データ空間での極小(ないし極大)と最小(ないし最大)の値をとる地点を探索するシステム等が考案された。さらに、固定されたデータセットに対し、遺伝的変異という概念を組み入れたりと、様々な工夫がなされてきたが、「理想的な入力データセット」に対し「求めたい理想の結果」が出力されるようにシステム内部の神経を模したネットワークの結びつき度合(重みづけ)等を調整する必要があった(いわゆる「教師信号」)。
なせなら、機械に入力されるデータコードは、人間が恣意的に区分けし、重みづけしたデータであり、求められる出力についても同様だからである。コンピュータ自身が区分したり重みづけしたりできるのは途中経過のみで、しかも、人間が解析可能なレベルに制約されていたからである。
4.ディープラーニング
簡単に言えば、上記、3の段階での「内部」に対する制約を取っ払ったシステム。ただし、入力情報と出力結果に対しては、恣意的な制約が加えられている。たとえば「音声入力」に対し「ネット検索する単語列」とみなすSiri等である。ここで重要なのは、「内部」での処理についてである。入力と出力について、あらかじめ目標(ゴール)が決まったなら、適切な機械学習にて応答精度を高めるというステップがどうしても必要不可欠である。このとき、ブラックボックス化した「内部」では、多くの入力データ(たとえば多次元データ)に対し、ある特定の出力(たとえば特定カテゴリーの複数のランクの値)を求める場合、統計学的な多変量解析での判別分析のような手法をとることになる。というより、入力データを加工して、特定の結果に結びつくような「判定」を出力させるには、いかに精度よく統計処理が行えるか?ということと同値である。
たとえば、画像から「特定の動物」を抽出するには、あらかじめ「特定の動物」という画像データをディープラーニングにて学習させるのだが、画像からの一般的な特徴情報、たとえば、境界抽出にて得られる形態情報、濃淡の分布をフーリェ変換して得られる画質関連の情報(斑点や縞模様等の2次元的な方向性と間隔情報等を含む)が蓄積されていく。多数の画像にて学習させていくと、これら多次元情報に対し、一定の変動幅を含む情報(統計学的な「平均値・最頻値・中央値・標準偏差」等)が増えていき、「別の動物」との区分や、背景画像との区分が可能なレベルに達したとき、任意の画像から「特定の動物」を抽出可能になるわけである。
ここで重要なのは、多次元のデータ空間での「次元」は、「統計学的に扱いうるデータ」にすべく、恣意的にならざるを得ないという点である。入力段階で「画像」なら「画像」と制約されるということである。
==========

実のところ、意味ネットワークを人工知能内部でゼロから構築することは不可能だということに、当時の技術者たちは気が付いていた。なぜなら、人間側での思索にて「言葉・画像」から連綿とした「意味」の鎖が「自然と」手繰りだされること、そうして、それらが人類共通の「常識的なつながり」として無意識のうちに使われていることを、理解したからである。それら「常識」につながれている諸々の事項は、「言葉」や「意味」といった記号化可能な「閉じた世界」にとどまっておらず、外部の「全て」と、連綿と関連している(すなわち「開いた世界」である)ため、人工知能内部にゼロから構築することが不可能だったからであった。

言葉に関連した現象学的な取り扱いは「竹田現象学」に詳しいが、そもそも人間の脳および身体の構造、そうして関係し続けている(切り離されえない)外部世界という人類共通の基盤との関連性を抜きにしては、扱えないということと同義である。

言い換えれば、ディープラーニングは、人類共通の思索でいえば、無意識レベルでの思索、言語以前の「わかるよね」とか「空気を読め」といったレベルの感性的なレベルに近いということである。
2017.07.20 02:55 追記
あくまで、コンピュータシステム内部の構造と関連して「現象学的に立ち現れる」状態というべきもの。構造に依存した電磁気的な揺らぎと見做すこともできる。もし、内部構造が、人間の脳を模したものであったなら、脳波に相当するレベル。
ようするに、ディープラーニングで得られる結果について、人工知能内部で「どうしてそうなる?」ということを感覚的・感性的に理解するには、人工知能の構造そのものを人類の脳および脳機能と類似の構造にする必要があるということを意味している。
もし、旧来から目指していた人間の脳を完全に模倣しつつ、ディープラーニング可能なシステムが構築されたなら、人工知能は一つの人格として人の手を離れるかもしれないのだが。。。

将棋ソフトの場合、ディープラーニングを用いているとはいえ、盤面の棋譜の動きにルールがあり、指し手によって派生しうる膨大な手にも限界があるため、「閉じた世界」として扱える。逆説的に旧来の将棋界での「常識」は、指し手の自由な思索に制限を加えるため、ディープラーニング同等の思索が強いのは当然といえば当然である。
逆説的に言えば、藤井聡太四段の脳内には、人工知能を模倣しうる領域が構築されているのかもしれない。

(2017.07.11 04:00 第5世代からディープラーニングの詳細部分を中心に文中追記)

[PR]
# by kisugi_jinen | 2017-07-09 04:47 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
人工知能に殺されても文句も言わない人間たち。。。いや「文句も言えない」。。。か。。。
ロボット三原則を守らない人工知能。。。

車の自動運転、病気の診断等、人工知能に人の生死にかかわる事項をゆだねうる項目は、いずれもロボット三原則に抵触しうる。

生死に関与しうる項目については、最終判断を人間の手にゆだねなければならない。

自動運転は、本質的には「運転補助」レベルにとどめるべきであり、病気の診断も、本質的には「診断の補助」レベルにとどめおくべきである。

最終判断を人間の手にゆだねずに、生死にかかわる判断を経て、行為まで持続的に連動するなら、ロボット三原則を破るシステムになってしまう。

「病気の診断」は「診断」で一度止まるから大丈夫と思っていたら大間違い。

そもそも、治療や処置を施す医師が、診断結果を受け取って、その診断が「正しいかどうか」を最終判断するには、「診断過程での推論を理解しうる言葉」として受け取る必要がある。
過去に用いられてきた手法は、そういった「理解しうる範疇」での途中経過をいかに取り出しうるか?というレベルをも対象にしようとして来ていた。
しかしながら、現時点で流行している「ディープラーニング」は、途中の思索過程を人間の言語領域に依拠せずに、一気に推論ベースへとデータを落とし込むため、得られた結果について「どうして?」という問いかけを一切受け付けさせないシステムとなってしまっている。

したがって、「病気の診断」という行為において、従来の診断医と治療医との間のコミュニケーションが完全に消失するため、治療医は「診断結果」だけをうのみにせざるを得ない事態に陥る。
すなわち、人工知能の下した判断を吟味する余地が与えられないまま、治療医は処置を行わざるを得なくなる。

人工知能の決断が人の生死を直接的に扱うのと、何ら変わらない事態が目前に迫っている。

アシモフ博士が提唱してきた、ロボット三原則が崩れ去る日は、すぐそこに来ている。

いや、すでに車をコントロールする人工知能に殺された人々がいるのに、誰も「ロボット三原則違反だ!」とは、声高に叫ばないでいる。いつの間に、人間は、ロボットに支配されても良いと思うようになってしまったのだろうか?

人工知能開発に多額の予算がつぎこまれ、開発に各社の命運をかけざるを得ない状況が、「文句も言えない」状況を作り出しているのかもしれない。。。

関連記事

[PR]
# by kisugi_jinen | 2017-07-02 03:57 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
ポスト真実、代替可能な事実、パリ協定離脱は序章にしか過ぎない。。。
「ポスト真実」はもう古い!2017年は、「代替可能な事実」が流行へ?

「post-trouth」「alternative-facts」。。。
知の情に対する優位性を担保し続けることは、人類が理性的であらんと欲する情に基づく意思の表出であったろうに。。。
知のタガを外せば、もはや人類たり得ず、欲望が闊歩し、テロすら止められぬだけでは無く、あらゆる犯罪、魑魅魍魎が解き放たれうる。。。

このブログ、いや、前身のhome pageでは、知の情に対する優位性を否定してはいたものの、否定の対象は「優位性」という概念であり、積極的には「知と情の並列性」を主としてきた。

情が知に対して優位だとする思想は、未来を予測することで干ばつの危機等から子孫を守ることを成し遂げてきた人類の歴史の否定であり、「未来よりも現生至上主義、すなわち現生に極楽浄土を作りあげるが、子孫は破滅すべし」という短絡的思想、いやアンポンタンな思想、いや、もはや思想とも呼べない、薬でラリった状態そのものだろう。。。
パリ協定離脱は、破滅への序章にしか過ぎないのであろう。。。



[PR]
# by kisugi_jinen | 2017-06-04 07:00 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
1自衛官での政治発言が容認されたので。。。
1自衛官での政治発言が容認されたので、公務員の皆さん、正々堂々と、政治発言を行おうではありませんか。
小学校から大学までの教職員はもとより、市区町村の役所窓口の方々も、皆んなで論争すれば良い。
***** 2017.5.28 06:50 修正・追記
さすが自民党、自由が第一なんですね。
菅官房長官の「政治的発言とは見做されない」との判断だが、防衛省の統幕長という肩書きで設定された場にて、続けて「1自衛官として」と述べて大丈夫ということ。
そのまま踏襲するなら、市区町村の窓口業務を担っておられる公務員の皆さんが、来庁された方々への対応にて設定された場(窓口)にて、続けて「1公務員として、憲法に自衛隊の明記がなされることは、ありがたい」とか、「迷惑です」とか、公言しても問題ないと言ってる様なもの。


[PR]
# by kisugi_jinen | 2017-05-25 05:10 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
共謀罪の一般人論争。。。痴漢冤罪逃れての線路内逃走。。。
これほど本質部分にて共通した概念、すなわち背景に多数の被害者がある一方、他者にて容易に冤罪に成り得、かつ、冤罪への対処方法として「疑われたら、決して逃げるな!」という一言で片付け得るものも珍しい。

痴漢冤罪逃れての線路内逃走。。。
痴漢行為による被害者の方々の心の傷と、その深さを慮りつつ。。。

冤罪ならネット上では逃げることを推奨する向きが多いとあるが、
1.逃げない。
2.録音する。
3.証拠を集める。
4.弁護士を呼ぶ。
などの対応をすべきとのこと。

共謀罪の一般人論争。。。
テロによる被害者の方々、身内の方々の心身の傷の深さを慮りつつ。。。

「一般人は共謀罪の対象にはならない」ということは、「疑われたら一般人とはならない」と定義することに変わりがない。

まさに痴漢行為での冤罪の被害者と同じこと。。。

対処方法も同じになるのだろうか?。。。


[PR]
# by kisugi_jinen | 2017-05-21 02:45 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧