AX
<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
佐世保・女子高生事件。。。生死・情を凌駕する知。。。
多くの専門家の方々、ないし専門家と称する人々が、様々な解説を開陳する(いや、既にしている)ことであろう。。。
人々はその「知的説明」を読み漁ることだろう。。。

「自分たちとは別の、非常に特異的な」面を見つけたいと、あるいは「悪魔的な」あるいは「気の狂った」人物像があぶりだされることを、心のどこかに切望しているのではないのだろうか。。。

残念ながら、このブログには、そういった「安心感」を得る記載は無い。。。
なぜなら、ただ一点を除いて、彼女の中には異質なものは見いだせないと思っているからである。

この先、この記事を読み続けるのであれば、その一点のみに複数の彼女の経緯・事実を重ね、自分自身を納得させようとしてみるのもいいかもしれない。。。いや、私自身がそう切望しているからだけなのかもしれない。。。

ただ一点。。。それは、彼女にとって「生死」の境界が無いということ。。。

その境界を越えうるのは、「情的な繋がり」のみでしかありえないにもかかわらず、彼女の「知」が、彼女の体験するあらゆることを含み、そうして、「生死」の境界すら飲み込んで肥大化した。。。

「生死」を越えた彼女の「知」が、渇望し続けるもの。。。それは「解剖しないと分からないもの」だと、彼女が信じているものに相当することだろう。。。

おそらくそれは「生」そのもの。。。

彼女にとっての「生」は「解剖しないとわからない」と「誤認しているもの」・「知的幻想しているもの」なのだろう。。。

残念ながら、幾ら解剖してみても、彼女の知りたい「生」という本質は決して見つかることはない。

物質をいくら切り刻んでみても、「生」の本質は見えてはこない。。。

漂白剤を飲ましてみても、人の心が漂白されないように。。。

動物を解剖しても見つからなかったのは、動物と話ができないからではない。。。

いくら人間の女性を選んで切り刻んでみても、母親の「生」は、そこには見つからない。。。

「命の大切さ」という一般論は、彼女にとっての母親の「いのち」という個別論とは、決して相容れるものではない。。。

「感情」を凌駕し、内部に完全に閉じ込めていると幻想を抱いている彼女の「知」。。。

彼女が真に涙するとき、「知」の殻を越える「情」のみが、彼女にとっての「亡き母」を越えた「生」に繋がりうる唯一の手立てであることを「知る時」、いや「感じる時」なのかもしれない。。。

その時、彼女は知ることだろう。。。「知」によって捉えられていた幻想は、全ての繋がりの切断面でしかないと。。。切り刻んだ物質の切断面には見えてこない「生」という実体は、「知」が素通りする「全体・総体」そのものなのだと。。。
そうして、個別の死が一般論の死と重ね合わさるとき、「二度と取り戻せない」という真の意味を、「生」の本質に重ね合わせることができるかもしれない。。。
友達の死は一般論の死とは異なる、特別な死だということを。。。

彼女の知によって、心の内部でばらばらに切断されたものが、知を越えた彼女の情によって、再び繋ぎ合わせられる日が来ますように。。。

2014.10.06 04:55追記
彼女の父が自殺をしたというニュース。。。
ネット上では、様々な人々が、様々な見解を述べ立てておられようだが、一連の事件(出来事)の一部として捉えるべきものであろうから、切り離して一般論として語ることは避けるべきものなのだろう。。。
私自身が、もっとも知りたいところは、彼女自身が、父親の自殺について、どのような感情を抱いているのか?というところである。ただ、それだけを知りたい。。。

2014.08.06 追記
※「生死の境界が無い」
端的に言えば「生きているもの」と「死んでいるもの」を同一視するということ。「生きているもの」が「死後も生き続けている」と思うことも含まれるし、「生きていることは幻で、全てが死んでいる状態と同じだ」と思うことも含まれる。すなわち「生と死を同一視する」という言葉で置き換えてもいい。
「同一視」というより「交換可能性」という概念に相当するかもしれない。
母親の死とその後の再婚。。。
「母親が死んでも交換可能」
「父親が死んでも交換可能」
「友達が死んでも交換可能」
。。。
一般論的な「死」を知的に処理しうるというとき、生命はおびただしい数の「死」を通り過ぎ「生」へと続いていくことだと認識しうるだろう。。。知的・物質的には(多くの哺乳類の母親の)胎内にて「生」が生み出されていく。。。彼女の行為から類推される「意志」は、まさにその「生」と「死」とが繫がるところに向かっている。。。

上述の「境界概念」については、本ブログにて複数回に渡り記述している。詳細は過去の記述を参照していただければありがたいところである。

交換可能性と切断面(境界)の移動。。。
http://jinen.exblog.jp/3148272/

ハクチョウ撲殺。。。「ゲーム感覚」と「楽しいから」の背景。。。
http://jinen.exblog.jp/8526197/

母の願いは境界を越えるというのに。。。
http://jinen.exblog.jp/768610/

自殺に関して、あるいは「死ぬ意思」と「生きる意志」について。。。
http://jinen.exblog.jp/1397867/

境界をなくした男。。。なのか。。。麻原彰晃。。。
http://jinen.exblog.jp/3736782/

鬼の心の奥に潜むもの。。。秋田男児殺害事件の境界。。。
http://jinen.exblog.jp/4969633/

「いじめ」と「知的切断」と。。。知の優位性とその背景。。。
http://jinen.exblog.jp/8425528/

[PR]
by kisugi_jinen | 2014-07-30 04:54 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
現・危険ドラッグ(旧・合法ドラッグ)を語る、某店員の知的優位性。。。
数週間前だったと思う。

現・危険ドラッグ(旧・合法ドラッグ)について、インタビューに答える某店員、音声はいつものごとく、妙に甲高く、やや早口な声に修正されていた。。。

「・・・ソロソロ危ナイカナ? ト思ッタラ、止メレバイインデス。 チャント自分ヲセイギョデキル方ガ、カッテイクンデス」

。。。知的優位性、すなわち人類の「智・知」は何ものにも勝り、あらゆるものを制御可能だという「オレサマ理論」。。。いや、端的に言えば「おめでたい・単純バカ」。。。

同じ系統の人間を、先日のニュースで見た。。。小学生誘拐・監禁犯人。。。
「自分の手で、理想の女性に作りあげ、16歳になった段階で結婚しようと思っていた」

両者ともに、幻想的な知的優位神話にどっぷりと浸かってしまい、脳の髄まで「知」一色に染め上げられたかのようだ。。。

情や意といった概念でとらえられうるものは、彼らの中では、知の幻想内部でしか動きえない。
知の殻を破ったところにこそ、「情」という繋がりがありうることを、彼らは「知らない」

いや、「知っている」からこそ、そういった繋がりが断ち切られる社会の中で、自分の「知」の内部に理想郷を創りたがるのかもしれない。。。

彼らが真に求めたがっているモノは、彼らの犯罪的・挑戦的な眼差しの向こう側に、透けて見えているのかもしれない。。。

危険ドラッグすら凌駕するような「何がしか」
理想的に育て上げたい女性を凌駕するような「何がしか」

「何がしか」を求める前に、彼らは躓いている。

躓き続けるために、「何がしか」は、遥か彼方に逃げていき、決して手の届かないところにあるかのごとく錯覚しているのかもしれない。

日々の何気ない生活の中に、それらのカケラが、ほんのわずかなカケラが混ざり込んでいることに気が付かないまま、自らの「知」によって、それらを削り取り、排除していることに気が付いていない。。。気が付いていても「止められない」。。。

危険ドラッグが無くても、理想の女性がいなくても、求めようとする先に、何もなくても、ほんの身近なところの繋がりの中に、自身の思いを僅かずつでも、着実に、しっかりと伝えていくこと。。。
その、永遠に思える繰り返しのステップこそが大切だということを。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2014-07-23 01:12 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
編集途中・LINE外しと村八分、知的切断に結びつく情動と情的繋がりに結びつく知的切断。。。
この文章は2013.09.07に書き留めていたメモから、記載を始めています。
ブログを更新する時間もあまり無いので、メモを積み残し、時間のある時に編集しなおして完成させていくスタイルとします。
完成後の最終的なタイトルは
・LINE外しと村八分、知的切断に結びつく情動と情的繋がりに結びつく知的切断
になる予定です。
~~~
中学や高校でのいじめには「LINE外し」(ネット上でのコミュニケーションからの排除)も大きく関与しているという。。。
自身の感情(情動)を満足させるために、「知」が動員されるという図式が如実に現れている。
人智はあらゆる境界(個人、団体、国家、民族)を破壊し、蹂躙し、直接人々の心に土足で踏み込む。
それゆえ人智は「越ええない境界・約束・契約・掟・法律・憲法」を共通認識の場に形成し、情動を正当化しようとする人智に対抗してきた。。。
「LINE外し」は、ある意味、そういった私刑的な措置に相当する。
しかしながら、情報網(正確には状報網)は、受信者を特定せずに流れていく。。。たとえ、故意に境界(セキュリティー、フィルター)を設定しようとしても。。。
「LINE外し」をしたという事実がいつの日か、他者の死という境界を越える行為にて明るみに出る
(2014.07.16 途中)
[PR]
by kisugi_jinen | 2014-07-16 04:39 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
裁判員制度と極刑概念。。。
とりあえず、完成版とします 2014.09.30 03:08
~~~
この文章は2014.06.19に書き留めていたメモから、記載を始めています。
ブログを更新する時間もあまり無いので、メモを積み残し、時間のある時に編集しなおして完成させていくスタイルとします。
完成後の最終的なタイトルは
・裁判員制度と極刑概念。。。
になる予定です。
~~~
個人的な意見で申し訳ないのだが、「極刑」という概念にて私が想定するのは「私刑」である。次のレベルに来るのが「生命を保護されない無期懲役」で、その次に来るのが(一般的概念での)「無期懲役」で、その次にて、ようやく「死刑」が来る。
一番目と二番目は、法律を有する国であれば、通常許されえない「極刑」であろう。
三番目と四番目は、現行の日本での法規として制定されているが、多くの国が死刑を廃止している。
国民・民族の死という概念の捉え方によっても、「死刑」の位置はずれてくると思われる。
死後を想定する宗教のあり方も影響しうる。
日本はどちらかと言えば無宗教であろうから、「死刑」が一番最下位になるのだろうと思っている。
だからこそ、「死刑」という制度は廃止されえないのではないのか?
(2014.07.16途中)

2014.09.30 02:45再開・追記

二番目の「生命を保護されない無期懲役」は、間接自殺を企てる人々のために合法的に制度化すべきだと考える。合法的に・積極的に地獄を現世に出現させるべき時が来ているのかもしれない。。。

「地獄」、すなわち死後の苦しみが信じられていた時代、悪人の「死」は「地獄」での苦しみへ放逐するという特別な意味を帯びていたことであろう。
「宗教の不在」という宗教を共有する人々は、「死後は無い」ということを共有するがため、「死」は苦しみからの逃避そのものという宗教を信じるに至った。
結果、自殺者は増え、いじめや殺戮、テロによって人が死んでも何とも思わない人々が増えている。
猟奇的とされて蔑まれてきた死体の切断が横行し、平気で人の殺戮現場をネット上にアップする人々が出現している。
旧来の宗教で、死後に追いやられていた地獄が、まさに現世に出現しているといって過言ではない。
「死刑」が極刑として成り立たなくなっている状況で、それでも「死刑」に加担することで心の安静をかき乱される人々がいる。
そういった人々が裁判員に任命され、流れ的に「死刑」が確定するような裁判を担当することになったなら、「私は死刑を極刑とは思わない。終身刑が極刑だと信じている」と、あらかじめ宣言しておけばいい。皆が極刑を望むときには、終身刑を求刑すればいいのだから。。。
・・・
逆に司法当局は、裁判員に任命するとき、四つの極刑概念のどれを極刑と信じるかを、あらかじめ宣言させるべきだろう。。。
あと、心身二元論か一元論かについても、あらかじめ、宣言させるべきであろう。。。
「理想的な真の自己」と「そうでない自己」という二項対立図式を信じているかどうかも、あらかじめ宣言すべき事項になるだろう。。。
「そうでない自己」を悔い改めることで「理想的な真の自己」を取り戻せるという物語が成立するところに、社会復帰を前提とした刑法が成立しうるのだから。。。
。。。
自らの正義心で、他人の悪事をネット上で匿名攻撃する人々。。。
「皆してるし、私は一回しかしていない」という自己恩赦にて罪を逃れられると勘違いしている人々。。。
境界を越えて土足で他者の心の中に踏み込む人々。。。
「私刑」を合法的だと勘違いしている人々。。。
死後の地獄を信じていない人々。。。
現世の地獄を作り出している人々。。。
自ら作った現世の地獄に落ちないよう、くれぐれも注意しつづけるように。。。
。。。
これからの世界を生きていく人々へ。。。
ネット社会は、死後や死後の天国・地獄を信じる人々よりも、信じない人々の力が強くなるように出来ている。。。
死後を信じる宗教の人々も、死後を信じない宗教の人々も、そういったことを十分にわきまえて、相互の宗教を尊重しあうべきなのだろう。。。たとえ、一方の宗教からみれば、他方の宗教が悪魔という概念であったとしても。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2014-07-16 04:30 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
編集途中・将来という概念と、固体の死という概念の差異。。。
この文章は2014.05.25に書き留めていたメモから、記載を始めています。
ブログを更新する時間もあまり無いので、メモを積み残し、時間のある時に編集しなおして完成させていくスタイルとします。
完成後の最終的なタイトルは
・将来という概念と、固体の死という概念の差異
になる予定です。
~~~
この間、料理番組で有名だった故・小林カツ代氏の回顧録にて、少し気になるエピソードが放送されていた。

少年院にておにぎりの作り方を教えることになったときのエピソードについて、小林氏自らが語る場面である。
皆がそれぞれの個性を反映したかのような、それでいて、塩梅良い手塩と手の温もりが程よく握りこめられたおにぎりができ、皆が「おいしい」といって喜んだという。そのとき、「あなたたち、お母さんに、美味しいおにぎりを作ってもらえなかったの?」とかいった言葉をかけることなど、決してできないと思い、下記のような言葉を語ったという。

「もし、チャンスがあるなら、貴方たちにも子供ができることがあるかもしれない。その時、周囲に助けられ、自分も努力すれば、我が子には美味しい料理を作れる女性になれるのよ」

この言葉がどれだけの影響を彼女たちに与えたのかは知る由もないが、なにがしかの問題や事象が発生した時、自身のことよりも、将来、とりわけ自分たちの子供ないしその世代という概念を踏まえて捉えることが大切だということを物語っている。。。

(記載途中、2014.07.16)

(追記・ 2014.7.23 01:30)
私の命は、思っているほど長くないかもしれない。。。
そういった感覚に襲われたとき、すべきことの優先順位が大きく変わってしまう。。。
そのために、迷惑をかけた方々もおられる。。。
でも、よくよく考えたら、「すべきことの優先順位」なんて、いつ死ぬかということとは無関係に決定すべきこと。。。
いつもの生活をしていた人々は、いつもの生活をし続けるのがいいだろうし、
他人のために頑張ろうと思っている人々は、いつもの如く、他人のために頑張ろうと思い続けるのがいいだろうし、
自分のためにすべてを動かそうと思っている人々は、死ぬ直前までそうし続けるのがいいだろうし。。。

いつ死ぬかなんて、全く分からない内なら、そういった生活そのものを変えてしまうのもいい。。。

ただ、「いつ死ぬか」なんてことを、本気で心配する段になって、怖気づいて変えるなんて、バカそのもの。。。

怖気づかないための、唯一の方法は、常に「いつ死んでもOK」という状況を意識し続けるべきなのかもしれない。。。
自分自身では、そのつもりでいたのだけれど、いざ、そういったことが本当に気にかかるようになった途端、生活の流れを変えようとするなんて、やっぱり、知的優位性に縛られ続けている単純な輩の一人にしか過ぎないことを、改めて認識した。。。

弱き人間が、死に際して態度を急変しないためには、やはり、個の命にのみ、目を向けるのではなく、また、全体にのみ目を向けるのでもなく、全体の流れと各個の命の両方に目を向け続けるべきなのかもしれない。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2014-07-16 04:24 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧