AX
<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
カーフェリー車両甲板での事故。。。対応策の私案。。。
佐渡汽船のカーフェリーの車両甲板で事故があったとのこと。。。

新潟日報の記事を引用しているブログ
http://4log.seesaa.net/article/270214137.html
新潟県から佐渡汽船への申し入れ
http://www.pref.niigata.lg.jp/koutsuseisaku/1337119275522.html
佐渡汽船から新潟県への報告・対応策について
http://www.pref.niigata.lg.jp/koutsuseisaku/1337896958098.html
※2012/08/26 03:45 追記・訂正
下記サイトは、今回の事故を取り上げていたわけではなく、2010年の故障に関連する事項を記述していましたので、赤字で一部追記しておきます。
2010年の故障事故を取り上げている佐渡市議会議員のサイト
http://houri.seesaa.net/archives/201008-1.html

そういえば、二等客室では着岸近くになると人々がざわついていてフェリー内の放送が聞き取りにくいことがある。また、着岸前に車両甲板に向かう人々が多数移動するので、そちらに流されたのかも知れない。

さらに、車両甲板への出入り口も複数あり、乗り込んだ時とは異なる通路から車両甲板に降りてしまうと、トラックの間をすり抜けなければ、自車に到達できない場合がある。そういった人々について行ってしまったのかも知れない。

また、着岸ぎりぎりになって車に戻ってくる人々もいる。

車両甲板では、車両間は人独りが通り抜けられる程度の隙間しかないから、トラックの前に立つと運転手の死角に入ってしまうことだろう。

いずれにしても痛ましい事故である。。。

対処方法案として思いつくことは、車にて乗船する人の切符を磁気方式ないし2次元バーコード印刷とし、車両甲板への出入り口に通行を制御する機械を設置し、切符を通すとか、かざすなりしないと車両甲板への通行ができなくするというのはいかがだろうか?

航行途中で車両甲板に降りて車の荷物を出し入れしないようにとの放送があるが、航行中は通行を不可能に設定するなどといったことも可能になるかも知れない。

また、車両甲板からフェリー客室に入るときには、入り口の記号・番号を切符に刻印すれば、戻るときにどの入り口から車両甲板に行けばいいのかが分かりやすくなるのではないだろうか?
[PR]
by kisugi_jinen | 2012-08-25 22:48 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
不老不死。。。ショート・ショート。。。アバター編。。。
A:「おい、俺のアバターが完成したって、本当か?」
B:「あぁ、できたよ。ロシアに先を越されるかとハラハラものだったよhttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52070956.html。あせった某政府の極秘プロジェクトに採択されたおかげだね。」
A:「で、俺の意識はアバターに完全に移植できるんだろ? はやくやってくれ! 借金取りに追われる生活は、もうゴメンだ!!」
B:「そうあせるな。きちんと手順を踏まないと移植どころか死んでしまうんだから」
A:「わかったから、やってくれ。俺はいつでもいいぞ」
・・・
B:「よし、全身麻酔完了。手順通り進める」
C:「先生、今度こそ、うまくいくといいですね」
B:「そうだな。最後の段階で、必ず失敗していたからな。でも、今回は、絶対に失敗は許されない。政府からの資金援助が打ち切られる」
C:「指示通り、最悪の場合のバックアップは取ってあります。彼に関するあらゆる記憶、性格、行動パターンの内、デジタル化しうるものはアバター用のサブユニットに登録済みです」
B:「では、脳機能をレベル5まで低下・・・」
・・・
B:「もう少し・・・そうだ、もう少しだけ、脳機能レベルを下げるんだ・・・」
C:「これで限界です。これ以上下げると生命活動が停止します」
B:「やはりダメか・・・機能中のものは完全コピーできないんだ、完全に停止したものだったら、コピーできるのに・・・でも、それは死んだ状態のみコピーできるということだから、アバターも死んだ状態のままになるということなんだが・・・どうにかならんものか・・・」
C:「先生!移植が完了し、麻酔薬も切れた状態ですが、Aもアバターも脳機能は停止したままです。意識が戻りません。脳死状態を確認。人工心肺装置を停止すれば、生命活動が停止します。サブユニットを起動しますか?」
B:「・・・仕方ない、はじめてくれ。『死人に口なし』ということで処理するしかないな・・・」
C:「メインユニットの電源を切り、サブユニットを起動します」
・・・
アバター:「おい、俺のアバターが完成したって本当か? あいつがそうなのか? 見た目はそっくりだな」
B:「いや、さっき移植が完了したんだ。きみがアバターだよ。鏡を見てごらん」
アバター:「ぉぉ!すごい。成功したんだ!・・・でも、なんだか妙な感じだな・・・俺が俺であって、俺でないような気がする・・・」
B:「新しい体に慣れるまで、しばらくは違和感がつづくだろう」
アバター:「なるほど。早く慣れたいものだ」
・・・
B:「どうだ。慣れたか?」
アバター:「あぁ、大丈夫だ。昨日まで何かが引っかかってるような感じだったんだ。それで自分の体を調べていて、スイッチが一つOFFになってることに気がついたんで、ONにしたらすっきりした」
B:「え! OFFになってたスイッチをONにしたって・・・そんなことは不可能・・・」
・・・
アバター:「できたんだよ・・・あいつは死んだんだな。ようやく分かった。ありがとう。アバターとしての俺を起動してくれて。生前のあいつからコピーされたデータは十分使えることが分かったし、コピーできなかった部分こそが、あいつの生命そのものだったということなんだな。。。俺は俺だということだ。あいつではない、新たな生命として誕生したんだ。」



===
参照:

教えて!「唯物主義に生きがいはありますか?」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6177884.html?best_flg=true
※受動意識仮説を信じて自殺まで考えた方からの質問に対する私の回答です

私が機械に置き換わるとき。。。
http://jinen.exblog.jp/6357229

人工知能が「知能」である限り、「こころ」は生まれ得ないかも。。。
http://jinen.exblog.jp/1011324/

「こころ」の能動性・内発性・主体性。。。そして閉鎖系と開放系。。。二元論と一元論。。。
http://jinen.exblog.jp/5577118

脳を知りたいという欲望と不老不死の欲望と。。。
http://jinen.exblog.jp/6226762

「本当の私」という知的切断面。。。
http://jinen.exblog.jp/3446167/

境界をなくした男。。。なのか。。。麻原彰晃。。。
http://jinen.exblog.jp/3736782

出会い。。。3。。。心と魂と。。。2。。。
http://jinen.exblog.jp/5390443/

脳内チップの先に思うこと。。。
http://jinen.exblog.jp/3287424/

こころ。。。関連性の束縛を越えて。。。1。。。
http://jinen.exblog.jp/4113042/

二元論と一元論と。。。知的切断面と総体と。。。
http://jinen.exblog.jp/4044620

こころの定義と物理学的相互作用と。。。
http://jinen.exblog.jp/4007740/

存在の相対性。。。脳とこころと。。。4。。。
http://jinen.exblog.jp/3516712/

「唯物論・付随論」における「こころ」の定義の影響。。。
http://jinen.exblog.jp/3909831/

「いじめ」と「知的切断」と。。。知の優位性とその背景。。。
http://jinen.exblog.jp/8425528/

因果的・非因果的。。。能動的・受動的。。。意識と情と。。。
http://jinen.exblog.jp/7512021
[PR]
by kisugi_jinen | 2012-08-16 06:29 | ひとりごと。。。 | Trackback | Comments(0)
不老不死。。。ショート・ショート。。。2。。。
不老不死。。。ショート・ショート。。。

その後。。。5万年後。。。

E:「おれたちって、不老不死にされたって、ほんとうか?」
F:「あぁ、俺も疑問に思ってるんだ」

C:「先生。今EとFの会話が終わりました。」
D:「ふむふむ。。。で、会話開始から終了までの時間はどうだった?」
C:「開始が約2日前です。正確には2日と7時間33分20秒かかったことになります」
D:「順調のようだね。今、彼らは20歳代ぐらいだから、時定数を計算して。。。と。。。」
C:「50歳は、実験開始から1740万年後、100歳は、同じく3832億8050万年後と計算されています。2万年前の修正値と照らし合わせても、誤差は僅かです」
D:「そうじゃった。2万年前に修正されていたんだった。」
C:「先生。でも、不老不死と言いながら、100歳で寿命とは。。。」
D:「いやいや。宇宙全体の寿命が2000億年後とされているから、不老不死みたいなものよ」
C:「でも、正確に同一世代でないと、結婚も出産もできないし、相互に意志の疎通もできないのは、問題が大きすぎるのでは。。。」
D:「仕方がないじゃろう。。。彼らの親が望んだことなんだから。。。」
C:「でも、見ていて可哀想に思えてくるんですけど。。。まるで、ナマケモノのように動作が遅いんですから。。。」

G:「H先生。今CとDの会話が終わりました。。。」
H:「そうか、彼らも同等の受話装置を開発したんだな。。。」
G:「そのようです。 え~ 見学の学生諸君。 さっき説明したように、時間の流れの異なる二つの世界の界面を越えるにはどうすればいいか? 二つの異なる時空連続体・宇宙はもともと一つの宇宙だった。一定とされる光速度の定数を異なるように調整することで界面が形成され、分断された。両宇宙空間を結ぶ情報通信手段も失われている。。。そこ! 静かに! 今大事なところなんだ!」
H:「。。。」
G:「え~、どこまで話したかな? あ、そうそう、宇宙を分断する前に、エンタングルした大量の量子群を発生させる。一定時間経過後、量子群発生地点を境界として宇宙を分断すると同時に観測対象の宇宙の光速度を指数関数的に遅くなるように調整しておく。すると、どちらかの宇宙でエンタングルした量子状態が決定されると同時に、他方の宇宙空間でも量子状態が確定し。。。」
H:(今回は上手く誤魔化したな・・・)
G:「。。。ということで、彼らの宇宙での時間経過は指数関数的に伸びている。彼らにとっての2000億年は、我々にとっての10の20乗年に相当する。。。そこの君!、今しゃべってたの。 この場合の時定数はいくらになるか答えてみなさい!!」
H:(今日は、女子学生が多いから、やたら張り切っている、笑)

※2012/08/17 04:45 GとHの会話途中だったものを追加。
IとJの会話も追加予定だったが、永遠にくり返すのも疲れたので、ここで打ち切ることとする。
時空間の分断と書いたが、分かりやすく言えば、映画MIBでのビー玉みたいな宇宙を含む宇宙もまたビー玉みたいな状態で、さらにその外側にも宇宙があるといった入れ子構造を想像していただければいい。
上記Hの説明で、エンタングルした量子を分けて、仮に片方の時間進行を遅くするようなことができたとするなら、相関関係がなくなるのかどうかすら不明。仮に相関関係が無くならなかった場合、「同時」概念が成立しないので、因果関係のような現象が生まれるかもしれないが、まったくもって不明。まぁ、SFなので、想像力豊かに楽しめればいいのです。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2012-08-13 04:34 | ひとりごと。。。 | Trackback | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧