AX
<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
HYBRID W-ZERO3 --- Windows Phone (WM 6.5)。。。2。。。
前回投稿に引き続き、使用レポート。。。
不満の多くはWM6.5の性能に依存している(だろう)。。。

★位置の問題
 カメラレンズ側にストラップ穴があるため、片手操作での写真撮影時に邪魔になりやすい。
★ボリューム関係(もう少し、検証する必要がある)
 ボリュームボタンを長押ししても、呼び出し音をOFFにできなかった(1回だけの経験のみ、再検証必要)
※2010/04/05 03:30 追加
現状、問題なく「OFF」にできている。ただし、UIをバージョンアップしているので、上記問題が発生したバージョンアップ前の状態を再現できない。
 いつの間にかボリュームボタンを触っていて、音量がゼロになっていたり、最大音量に変わっている。(よくある)
 音量がどの程度かを知るには、システム内の設定をいちいち確認しなければならない。(ユーティリティソフトで解消可能?)
※2010/04/05 03:35
後に触れているが、ロック状態であっても、画面が表示されている状態で、ボリュームボタンの「-」を5回以上押したあと、「+」ボタンを希望音量レベルの回数押すことで、設定可能。
これは、誤って変更されやすいボリュームボタンの特性を逆に利用した対処方法でもある。

★まもるくん関係
 まもる君を付けると、タッチパネルを操作できなくなる。近接センサー用の穴がセンサーの位置から半分ほどずれている。(場合によっては交換ないし返品を要請する予定)
 ※近接センサーをOFFにすると操作できるようなふりをするが、一度ロック後に再起動したときから操作不可能になる(OSの問題?、再検証が必要)
※2010/04/05 03:40
発売当初には記述されていなかった「液晶全面を覆う液晶保護シートと併用した場合、画面タップが動作しない場合がございます。」という注意が記載されている。時間があれば、保護シートの厚み分、内面を削り取って検証予定。ついでにセンサーの位置ずれ分も削り取ってみる予定。しかしながら、カバーの開閉が片手操作に不向きな程度に思った以上に手間に思えるため、タップ不可能問題が解消したとしても、使わない可能性が高い。
★OS設定の問題
 片手操作が売りなのに、画面上段に配備されたボタン類を操作しなければならず、しかもアイコンが小さいときている。このあたりはOSの問題だと思われる。
 片手操作が売りなのに、標準でキー操作によるコピー&ペーストができない。(ユーティリティーソフトで対応可能のようです)

逆説的にいえば、上述のような不満が解消されたなら、すこぶる快適に使えるだろうということです。。。(再検証を行うとともに、不具合についてはメーカー側に問い合わせる予定)
[PR]
by kisugi_jinen | 2010-02-25 01:55 | Comments(0)
HYBRID W-ZERO3 --- Windows Phone (WM 6.5)。。。
最初はどうなることやらと思ったけれど・・・慣れてくれば、非常に使いやすいかもしれない・・・ただOSが・・・

正式名称:HYBRID W-ZERO3(WS027SH)
★通信・通話
通信・通話:PHS --- W-SIMx1
通信のみ(通話不可)CORE 3G --- USIMスロットx2 (1スロット使用:FOMA用、1スロット空)
★(私にとっての)利点
月々の使用料が安い(通常の携帯と比べて半額以下に抑えることが可能)
国内での通信不能エリアの解消(従来のPHSで通信不能な場合、NTT-docomo FOMA(FOMAプラス)エリアでの通信を利用可能(通話ができないけれど、メール等は利用できる)
今まで、携帯電話はPHSを、スケジュール関連は別端末を利用していた。iPhoneという選択肢もあったのだが、大きさやPHSという点を含めて、機種継続とした。
★欠点
不安定要因が多く、やたらと時間を取られるし、作業がやっかい!!
※下記の不安定性の大部分は、2010年2月23日UIのバージョンアップにてほとんど解消されているようです。少なくとも、私の端末は安定しています。(2010/03/15 04:53)
以下、部分。。。
●OS関連の不安定:時間が経てば解消されるのかも知れないが、UI関連の設定変更をしている最中に当初「shell32.exeエラー」などが連続して発生し、リセットし直す必要があった。
特に、画面上段のボタンや「←」ボタンが使用不可能(反応しない)状態になったりして、UI関連のエラーだと思っていた場合に、UI切り替えメニューにたどり着けない状態になってしまい、パニックに陥る。
※電源OFF後、再起動時にエラーこそ出ないが、画面上段のボタン類が無効になり、ショートカットキーを利用しても「windows start menu」に入ることができない現象が続いている。しかしながら、電源OFF後、再起動までの時間を長くとると、問題なく起動するような気がする(検証予定、2010/02/18 04:22)。
裏蓋を開けて、リセットするときにも「15秒待つ」ということもあり、関連しているかも知れない。

※2010/02/21 04:30 検証結果
電源OFF後のONまでの時間は、かなり意味のある時間だと思われる。
1.電源OFFからONまで15秒程度以上待つと、エラー発生が生じない。(少なくとも3回ほどテスト)
2.OFFからONを短時間で行うと、上段のメニュー操作が行えないだけでなく、カーソルキーを使ってメニューを選択実行しようとすると、「gwes.exeエラー」や「services.exeエラー」が表示される。(数回経験済み)
3.エラーが発生した状態で、電源OFF後、十分な時間を待ってONにしても、復帰しない。
4.裏蓋を外してリセットすると、復帰するばあいがある。(念のため、各操作毎に、待ち時間をとること)
5.リセットを何度か試してみて、復帰しない場合、完全消去(フォーマット)を行う必要がある。

※2010/03/03 07:07追加
UIのバージョンアップが行われていた。
WILLCOM UI バージョンアップのお知らせ[2010.02.23]
http://www.willcom-inc.com/ja/support/update/index.html
上記不具合は、解消されているかも知れない。。。(要検証!!)
●完全消去(フォーマット)メニュー表示まで、何度か操作をくり返さなければならない?
手順通りに行うが、メニュー画面が表示されずに、通常起動されてしまう。「7」キーと「8」キーと電源キーを押しっぱなしにしていると、通常起動されたときに「「まらまら・・・」と入力され続ける状態に入ってしまう。。。
※どうやら、マニュアルに記載されていない「タイミング」があるようだ。先ほど、Q&Aを眺めていて見つけた。(2010/02/18 02:40追加)
http://wssupport.sharp.co.jp/qa/news_ans.shtml?news=1&qaid=1028
ACアダプターを接続し、充電ランプが点灯する前に「7」と「8」キーを両方を押したまま、 [終話/電源]キーを長く(約10秒)押す。[終話/電源]キーを押す前に充電ランプが点灯した場合は、待ち受け画面(Today画面)が表示されるので、再度やり直す。

。。。ふーむ・・・そんなテクニックが必要だったとは・・・

また、フォーマット処理中、なんどか「もう終了した?」と思わせるような画面が表示されるが、自動的に処理が進むため、放置するしかない。「オンラインサインアップをしますか?」画面が出た後も自動的に切れ、しばらく放置していたら、本当に切れており、ようやく終了したようだ。
●フォーマット後の処理
バックアップデータを戻す前に、オンラインサインアップをしても、バックアップデータを戻した段階で、オンラインサインアップを再度求められるので注意。
オンラインサインアップ後、通信方法が初期設定されているので、PHS回線を選択していた場合には設定し直す必要がある。
●3G通信の不安定:完全消去(フォーマット)し直す必要があるとのこと。
※上記は、ソフトのバージョンアップがあり、改善されたようです。(2010/02/16現在)
http://wssupport.sharp.co.jp/download/ws027sh/update_sp1/
●リセットスイッチやmicro-SDカード等はカバーの下にあるが、これが外しにくい。
裏蓋上方の両サイドに三角の二つの爪があり、これが本体側の側面にある凸部分に噛み込むようになっているため、裏蓋を押さえて若干広げるように変形させ、スライドさせなければならない。このときの押さえる位置と押さえ方が分かりづらく、(壊れる程には押さないのだが)当初、満身の力を込めても外れないことがあった。
でも、最近、コツを覚えたのか、あるいは、何回か外している内に、引っかかりが削れて丸くなったのか、比較的外れやすくなった。
b0032038_1461546.jpg

※外すときに引っかかっている部分(本体側の凸部分と、カバー側の二つの三角突起; 赤矢印
b0032038_1483929.jpg

※同じく、下側にある本体側の溝とカバー側のフック; 赤矢印
●OS関連の操作性:階層構造が分かりにくい。(各社)独自のUI(インターフェース)を被せているが、ここからのメニュー階層との関連性の無さが、更に分かりにくさを増している。
この辺りは、Windows Mobile開発情況と関連しているようだ。
★関連情報
Windows Mobileの裏事情関連
http://www.gizmodo.jp/2009/10/windows_mobile_65.html
Windows Mobile 6.5レビュー:言い訳する余地もない
HYBRID_W-ZERO3の詳しい情報源
http://willcom.windows-keitai.com/?HYBRID_W-ZERO3

※以下、2010/02/18 02:10追加
●使い始めの不安定さは、現時点では、ほとんど解消しているように見える。(不安なので、バックアップは定期的に取るようにしている)
なんと言っても、スライド式テンキーにこだわっただけのことはあって、荷物を抱えながら、片手でメールを打つことのできる手軽さがいい。
しかしながら、フルキーボードを捨ててまで顧客のターゲットを一般に求めるのであれば、不具合・不安定さの元凶であろうOS関連の操作性が足を引っ張っているので、もっと使い勝手の優しいOSを選択するか、開発すべきだったのかも。。。後は、7.0がどの程度のものなのかと、7.0にアップグレードできるのかどうかが問題だろう。。。


以下、効率的な対応策を見いだした。(みんな既に知っているのかも知れないが。。。)

1.windows mobileの「メニュー」を開くのに、画面左上角は押しにくい。

スライドテンキーの左上にある「Windows Live」キーに「Windows start menu」機能を割り当ててしまう。※PHSから移行したので、携帯でwebの利用は必要最小限に留めることにしているため、直接アクセスできるキーは不要!!

2.メールやテキスト、ないしPDFなどからの情報を元に、スケジュールへ書き込みたいなどなど、複数のアプリケーションを切り替えながら操作したい場合が結構あるが、単一のウィンドウしか扱えない。

「画面回転キーの長押し」に、「タスクマネージャー」機能を割り当ててしまう。
→あとで気がついたが、メール記号とMULTIと書いてあるボタンを長押しすると、「タスクマネージャー」が起動するようになっていた^^ゞ


1と2を組み合わせると、複数のアプリケーションを切り替えながらデータのコピペもできてしまう。
無論、「タスクマネージャー」にて、「全てのタスクの終了」を選択すると、一発でアプリケーションエリアを開放できてしまう。
これで、非常に快適に使用できている。

3.バッテリー消費を押さえたい。
PHSから移行したので、docomoのG3は、(PHSが繋がらないエリアでつかうなど)特別な情況でしか接続しない。→G3を切っておく。(マニュアルどおり)
あわせて、バックライトを低く抑えるなど、定番の対処を行う。

4.pDiceの利用(PDICのwindows CE版)
http://pandora.sblo.jp/article/5559260.html
かねてから、PHSとスケジューラーと電子辞書とが一体化し、かつ、ポケットに入るほどの大きさ(でも、PDAをポケットに入れ続けて3代も壊してしまったので、腰ベルトにぶら下げて邪魔にならない大きさ)のものを求めていた。。。
無論、PHS通信にかかる費用は、月3,000円以内(やむを得ずwebアクセスした月は5,000円まで)と決めていたので、pDiceといったソフトが使えるのは、非常にうれしい限りである。

5.試していないが。。。
その他、windows CE用とかwindows mobile 5や6用のソフトが多数あり、上述のタスク切り替えを簡単にこなしてくれそうなソフトもあるようだ。
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

6.もっと使いこなすには。。。
http://ascii.jp/elem/000/000/493/493249/
Willcom FAN SITEなるものがあった。。。
このページを最初に見るべきだったかも・・・
[PR]
by kisugi_jinen | 2010-02-14 09:25 | つれづれ。。。 | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
[自我=自己の自己に対す..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧