AX
<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
因果的・非因果的。。。能動的・受動的。。。意識と情と。。。
このブログの中では、多くの事象について、仏教的観点から触れたものが多くある。

で、「一般的に」仏教的観点(視座)について、多くの人々が「因果論」を想定している(※1

(しかしながら、私自身は、非因果的・因果的の両方を含めているので、そういった意味からは、「一般的な」仏教的観点からはずれているだろう)

因果関係といった考え方は、科学的方法論からいえば、強固な論理・理論体系に結びつき、かつ、普遍的な(客観性の高い、交換可能性の高い、共通了解度の高い)思考となる。

また、理論の応用といった分野(科学技術)では、予見性・予測可能性の高さに直結しており、やはり普遍的な(客観性の高い、交換可能性の高い、共通了解度の高い)予測であるため、様々な行動への規範・抑制へとつながっている。

しかしながら、非因果的な関係について、科学は明らかにしてしまった。
EPR相関とか量子エンタングルメントとかいった概念である。

これらは、位置や距離、時間といった概念を越えて「相関関係」を持っており、「因果関係」は持っていない(※2)。

「非因果的」といったとき、3つのレベルでの概念が想定されうる。
1.上記、量子力学レベルでの相関関係
2.複雑系の科学にて指摘されうる、決定不可能性の高い事象(確率的に因果関係が薄まっている状態)
3.主観・客観といった概念レベルでの差異と両者の相互関係に基づく概念(ユングの共時性・シンクロニシティ相当であり、人間科学および哲学的な考察のレベルでは、竹田現象学や構造構成主義等)

で、これらがそれぞれ、別物と考えることもできるが、ミクロ系・基本レベル(極小レベル)での因果関係が「消失しない」限り、基本構成から成立しているマクロ系も、ミクロの因果関係を無視し得ない(影響を受けている)とせざるを得ないことは、当然のことであろう。
複雑な構成の場合、ミクロレベルの因果関係は統計学的に相殺され、「ない」かのごとくに見える場合があるだろう。
このような「統計学的相殺」は、科学的には熱力学的なレベルの話として扱われうる。

では、マクロレベルにて非因果的だと認識されうる事象は、ミクロレベルの「統計学的相殺」のみにて完全に説明可能か?といえば、そうではないだろう。ミクロレベルにて「非因果的・相関関係」が認められている限り、「統計学的相殺」があったとしても、「ミクロレベルの影響がない」とはいえないわけである。(ただし、2重盲検などの物理学的・科学的実験系では決して明らかにされうるものではない。「水は答えを知っている・水伝系」にてこのレベルの話をする人は、熱力学的影響を越えて影響を及ぼしうると信じておられるようであるが・・・)

さて、意識・情において、因果・非因果の観点からみてみる。

たとえば、前野氏の受動意識仮説(正確には、ベンジャミン・リベットの「マインドタイム」
は、「外部から内部への方向性」によって、因果的に「意識」を規定できるというものである。
通常は、逆方向を想定しておられる方が多いであろう。すなわち、「私の意識(内部)から外部の方向性」にて、因果的に「意識」が能動的に働いている。と。。。
しかしながら、これら両者の意見は、両方とも正しく、両方とも間違っているのかもしれない。

すなわち、「非因果的・相関的」な「意識」という概念を想定可能であるならば、両方とも正しいといわざるを得ない。このことは、量子力学における、離れた2粒子の量子エンタングルメント(量子もつれ)での状態決定における、因果関係の決定と相同の関係を有しているように思えるからである。
EPR相関とBellの不等式と。。。

※1
07/10/01 01:11 補足説明
「一般的に」: 因果論は非常に論理的でわかりやすい考え方である故、一般受けしやすい。
参照:
wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/因果
http://ja.wikipedia.org/wiki/因縁
http://ja.wikipedia.org/wiki/縁起
http://ja.wikipedia.org/wiki/無我
http://ja.wikipedia.org/wiki/諸法無我
http://ja.wikipedia.org/wiki/我執
http://ja.wikipedia.org/wiki/空
上記は仏教的考え方(原始仏教、切一切有部、大乗仏教などの諸説)

http://ja.wikipedia.org/wiki/因果律
http://ja.wikipedia.org/wiki/因果的閉鎖性
http://ja.wikipedia.org/wiki/随伴現象説
http://ja.wikipedia.org/wiki/付随性
http://ja.wikipedia.org/wiki/決定論
http://ja.wikipedia.org/wiki/自由意志
※07/10/26 06:40補足
「一般的に」仏教では --- 原始仏教ないしブッダ自身は、「一般的に」ではなかったようである。すなわち、原始仏教レベルでは、仏教以前からあった輪廻転生(生死を越えた因果関係)の「有無」 については、形而上学的問題(哲学的問題)とし、そういった問題に囚われることから(柄谷氏の言葉を借りるならば「あるのでもなく、ないのでもない」と)回避したからである。
「ブッダのことば」(岩波文庫、中村 元)の
「洞窟に関する八つの詩句」
779 思いを熟知して、流れを渡れ。聖者は所有したいという執著に汚されることなく、(煩悩の)矢を抜き、つとめ励んで行い、この世をもかの世をも望まない。
「並ぶ応答-小編」
894 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。一切の(哲学的)断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。

には、まさにそういった思いが込められていると考える。
ブッダのことば―スッタニパータ
/ 岩波書店
スコア選択: ★★★★★

原始仏教の現存する最古の伝承であり、中村氏の翻訳・解説によるもの。


※2
07/10/01 01:22 補足説明
「これらは、位置や距離、時間といった概念を越えて「相関関係」を持っており、「因果関係」は持っていない」
--- 厳密には、「量子力学的な確率関係を有しており、非決定論的である」であり、「量子力学的な確率関係がある」→「量子エンタングルメントがある」といった方向性での因果関係はあるといえる。
なお、「因果」といったとき、時間的前後関係を伴う事象という前提条件が暗黙裏にある。ここでいうところの「非因果的・相関的」という用法は、「時間的に同時生起的」という概念である。
概念的には、ユングの共時性・シンクロニシティに近いと考えている。というより、おそらく、ユングが本来、主張したかった概念そのものだろうと憶測している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/共時性

[PR]
by kisugi_jinen | 2007-09-30 07:24 | 思考。。。 | Trackback(3) | Comments(0)
知情二元論と知一元論と。。。モニュメントの存在的・存在論的と。。。
ひさびさに、オウム真理教事件を取り上げ、科学の絶対性・相対性問題と絡めておられるところを見かけた。(社会学玄論
似非科学批判も似非科学批判批判も、知的論争レベルでは上述の範囲を超え得ないにもかかわらず、そういったレベルに固執する人々がいるのも事実のようである。
水伝(「水は答えを知っている」)での問題点を、二者択一的に追求しようとする態度は、知のレベルでの対応にしか過ぎない。
物理学会年次大会での、「ニセ科学」をテーマにしたシンポジウム、について。。。

そういった対応は、存在的なモニュメントをもってして、自身の(情的つながりを含めて周囲と切り離せないはずの)「こころ」のあり方を「知的に切り離して」規定しようとすること(知一元論ないし知情二元論)にしか過ぎない。

絶対的か相対的かといった二者択一問題ですら、知的論争を超えていないのだが、そのことの判別に感情的な対応の有無を想定することは、二者択一問題の範疇でのすり替えレベルにとどまっているといえる。こういったレベルで扱われうる情は、知的認識の範疇に収まる「狭義の情」であり、私の用いている「広義の情」ではない。。。

絶対的であろうと相対的であろうと、少なくとも存在論的ではなく、存在的レベルで話を終始させていると、墓碑の有無にて「千の風になって」を読み解こうとする誤謬を犯しかねない事態に陥ることになるだろう。。。

デリダの死。。。「存在論的、郵便的」(東 浩紀)を読み返して。。。
千の風になって。。。モニュメントの真意。。。切断された情を結びつけるもの。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2007-09-17 05:29 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
主観・客観と交換可能性。。。
社会学玄論というブログを構造構成主義関連でググッたときに見つけ、コメントをしたら下記のような投稿が為された。

主観/客観、交換可能性/交換不可能性

うーんんん。。。

「客観」って、認識様式に限定されるのだろうか?

このことに関連して、社会学玄論の他へのコメントにも記述したが、補足しつつ要約しておきます。(ほとんど、このブログで既に触れた事柄です)

主観・客観について
1.自然科学での対象は、客観的存在である。
2.自然科学での客観的存在は、「客観的」の極値に相当する。
3.「客観的」の極値とは、「主観的・恣意的」といった概念(「わたし」の側)を無限に交換可能とした場合の極値である。
4.ようするに「主観的・恣意的」影響が均質化した状態と同等(区別が不可能)になる。
※07/09/12 02:15追加
5.たとえば、「水」という対象を考えるとき、「水分子1個」なのか、「○○mlの水分子」なのか、気圧およびその時間変化、温度・湿度およびその時間変化、周囲の電場・磁場およびその時間変化など、周囲の状態の記述が必要になる。
6.これら環境要因の交換可能性を担保することが、客観性の高い状態とされる。
7.温度・湿度とその時間変化だけを例にとって見ても、「さっき走ってきて蒸し暑く感じるから、冷房を少し強くしよう。温度計と湿度計は当てにならない」というのでは、ダメなわけである。
8.更に言えば、もし温度・湿度の微妙な変化が対象に影響を与えうる場合、かつ、実験者と対象との間に温度・湿度の移動に対する完全な遮断が無い場合、実験室に入る前に走ってきたとか、歩いてきたとかが、影響するのは、当然のことになるだろう。

※07/09/14 03:15 補足追加
上記記述に関連して、社会学玄論のmerca氏は
観察の観察(区別という観察形式)
という投稿をなされました。
この問題は、いわゆる観測問題の核心に相当するメタ性です。
この追加の文章と、merca氏への上記リンクは、まさに自己言及系と相同の相互参照系(相互にメタを構成する)に相当することでしょう。
さらに相互メタを複雑にするため(笑)、過去の投稿へのリンクを下記に貼り付け、merca氏の文章に下記からトラックバックを送ることにします。
「こころ」。。。科学的に扱うことが可能か。。。3。。。
これら諸問題の背景にはゲーデルの不完全性定理も関与しています。
ゲーデルと20世紀の 論理学 ( ロジック ) [全4巻]
ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈1〉ゲーデルの20世紀
/ 東京大学出版会
スコア選択: ★★★★★

ゲーデルと20世紀の論理学(ロジック)〈2〉完全性定理とモデル理論
/ 東京大学出版会
スコア選択: ★★★★★

ゲーデルと20世紀の論理学 3 不完全性定理と算術の体系
/ 東京大学出版会
スコア選択: ★★★★★

ゲーデルと20世紀の論理学 4
田中 一之 / / 東京大学出版会
スコア選択: ★★★★★

注意していただきたいのは、これら諸問題が「知的・論理的」という枠組み(知的切断面・概念)内にて取り扱われたときに、生み出されるということです。
はからずも、6年と3日前、我が子・長男が誕生した数時間後に0911のテロが勃発しました。
一見、抑制されえない感情の暴走のようにも捕らえうる上記テロは、「あらゆる物事は知的に解決可能である」とした場合には、解決不可能でしょう。
なぜなら、人々の「こころ」に「つながり・関係」をもたらしているもの・そのもの(情)は、「感情といった概念」として「知的に」捕らえられ、「知的に」扱いうるものではないからです。
テロを含めた自殺という行為は、自身のこころに対し、自身の知的な優位性がこころを完全に掌握したと思った途端に発生しうる行為でしょうから。。。
繋がりあおうとする「こころ」(情)を切断する知。。。
「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院)
厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。


交換可能性について
1.知的対象(認識・概念)等の記号化可能なものに対して「交換可能性」が高い状態を選択することが可能。
2.恣意性・主観的・情的といった概念は、記号化可能であるので交換可能性が高い
3.恣意性・主観的・情的といった概念にて表される(知的に切断されうる)元の「総体・全体」は、「交換不可能性」が高い。
4.これは「わたし」と「あなた」の交換不可能性そのものでもある。

[PR]
by kisugi_jinen | 2007-09-11 22:49 | 用語・概念。。。 | Trackback(1) | Comments(0)
構造的再編成と境界の移動とアイデンティティ。。。民営化の場合。。。
○○の民営化。。。

郵政の民営化に代表されるトップダウンからの民営化※1は、恣意的であるにしろ、ないにしろ、一端改変の道へと動き出した途端、組織内部・外部の構造を変換せしめることになる。いや、組織内部・外部の構造が変換し再編成されるからこそ、改変・改革という言葉・概念に直結するわけである。

構造的再編成は、組織名が同一であったとしても、概念の変化そのものになる。
哲学的(?)に言えば、「構造」(存在)の変化と「概念」(認識)の変化が織り成す変化ともいえる。

そうして、恣意性の有無に関わらず、構造変化と直結する概念の変化は、知的な認識レベルにて(仮想的=共有可能性としての幻想的な)境界の移動を余儀なくさせる。
少し具体的にすれば、構成員の日常的業務範囲や行動規範、それらに影響する様々な環境要因の変化である。

もっと具体的にすれば、たとえば、郵政民営化の場合、私信の取り扱いや郵貯の取り扱い、集配業務の具体的な変化などである。

構造・概念が変化しつつ、ほぼ同一の言葉・記号が存続するということは、内部の人間にとっての概念変化と外部の人間にとっての概念変化との間にギャップを生み出すことを意味している。

為政者レベルであれば、このギャップを自身の保身のために有効利用可能であろうが、直接関与する内部・外部の人間にとっては、場合によって死活問題として捉えられるものとなるであろう。

「え?、○○では、□□のサービス※2は当然じゃないの?」
「いえ、民営化によって□□のサービスは、○○では扱い得ないものとなりました」
「ん?、それって○○の力不足から来るものなの?もっと努力してよ」
「□□のサービスを維持しようとすれば、○○は経営的に成り立たなくなります」
「□□のサービスは法的に維持するよう求められてますが」
「その範囲内にて行なっております」
こういったギャップ(同一構造をとっていると見做されるにもかかわらず、概念的に捉え方が異なりうる)が生み出されうるということは、いかにも多義図形的(構造構成主義的)だといえる。

で、構造・概念(存在・認識)の境界の移動は、アイデンティティの変化・存続と直結している。

集配が宅配との境界を失うとき、郵貯が銀行との境界を失うとき、簡保が生保との境界を失うとき、完全民営化といわれるであろうが、郵政公社のアイデンティティは消失するといえる。

しかしながら、果たして、ほんとうにそうだろうか?

上記にて記述したアイデンティティは、「構造・概念」としてのアイデンティティを仮想的・空想的に描いたものにしか過ぎない。
構成員それぞれのアイデンティティは、それぞれの地域・地域住民との関係とその変化にてダイナミックに変遷していくものであろう。

そうして、それが、共有可能性の高い「構造・概念」として捉えきれない場合にこそ、共有不可能なアイデンティティとして、新たなる芽吹きの元になるのかもしれない。
多くは共感可能性の高さが新規軸となるかもしれないが、共感不可能な事例(いわゆる「きもい」という概念にて捉えられる構造)ですら、あらたな境界を構成し、あらたな構造・概念を生み出しうるかもしれない。。。

脚注
※1:トップダウンからの民営化
組織内部から自発的に発生した民営化ではなく、組織として統括するレベルからの民営化

※2:□□のサービス
郵政民営化の場合、たとえば、wikipediaなどで引用されている
http://www.japanpost.jp/top/disclosure/business/report/pdf/h17/3.pdf
等。
[PR]
by kisugi_jinen | 2007-09-02 04:27 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧