AX
<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
千の風になって。。。モニュメントの真意。。。切断された情を結びつけるもの。。。
Do not stand at my grave and weep...
私のお墓の前で嘆き悲しまないでね。。。


日本では「千の風になって」で、有名な詩。。。

そうして、巷で見かけるものに、「お墓にいないのなら、墓参りは必要ない」とか、いったレベルの反応をする人がいると聞く。。。

参照ブログ:「住職のひとりごと」-「千の風になって」の誤解


ここで留意しなければならないのは、生者の立場で、死者の立場を思い量ることによって、作られた詩であるということだろう。。。

死者が語りかけているかの如く記述しているがゆえ、そうして、作者不明という状態を恣意的に作り出しているがゆえ、なおいっそう、そのことの重要さを認識すべき詩である。

Mary Frye説が正しいとすれば、なおのこと、生者の死者に対する思いの深さが反映されてできた詩であることは、明白である。

戦争が分断した生者と死者の墓碑。。。その墓碑の元に行けずに嘆き悲しむもののために作られた詩であるのならば。。。

そう。。。正に、墓碑が「誰のためのものか」ということも、逆説的に言い含めている詩である。

偶像崇拝の禁止されているキリスト教で、なぜに「キリスト像」や「十字架」といったモニュメントが必要になるのか?

問題の根底は、そこにあるだろう。

「千の風になって」にて、なぜに、「風」とか「雪」とか「鳥」とかいった物質(モニュメント)が、必要になるのだろうか?

問題の、真の根底は、そこにこそあると言える。

人間の知的認識の限界。。。
人間の情的感受性の限界。。。

知ることと感じることとの両方が、「知覚・感覚・認識」といった識別(いる・いない)に密接に関連し尽くしているということ(私的表現をとれば、「知的切断面」に拠ってしか、意識・認識不可能だということ、言い換えれば、養老氏の唯脳論)である。

もっと深く、根底を流れているもの。。。
。。。「知覚され得ない」情というべきもの。。。

そこにこそ、思いを馳せるべきものなのに。。。

だからこそ、モニュメントが必要不可欠になるということを、再認識すべきなのに。。。

人は、

視覚能力が低下したならば、見ることが困難になり、眼鏡を求める。
聴覚能力が低下したならば、聞くことが困難になり、補聴器を求める。

モニュメントを奪われたなら、情的結びつきを維持することが困難になり、「風」や「雪」」や「鳥」たちにまで、モニュメントの役割を求める。。。

しかし、「モニュメントの必要がない」という人々がいるのなら、彼らの死者に対する情は、いかほどのものなのであろうか?

そういった類の詩であると勘違いして聞いている人々がいるとすれば、やはり、情は知によってズタズタに切断されてしまっていると考えざるを得ないのではないだろうか?

※07/06/02 10:00 補足
文中のリンク先を見られたならば、お分かりのことと思いますが、今回指摘している「モニュメントを求めようとする心」は、「モニュメント」を通した先に「共通の真理」なりを見出そうとする心(特定の宗教を信じようとする心)とは、異なっています。
モニュメントを求めようとする心は、物質として捉えることのできなくなった肉親・先祖等への情が先にあって、その次に来るものです
モニュメントを通した先に共通の真理なりを見出そうとする心は、「共通の真理ありき」という「信仰」(知的切断面)が先にあって、その次に来るものです。
前者が情→知への流れであるのに対し、後者は知→情の流れです。
最初に情があるのか、知があるのか、すなわち、どちらを優位に捕らえているのかにて異なってくるにもかかわらず、混同しやすいということが、モニュメントに対する態度の差異として現れるのかもしれません。

そういう意味で、Do not stand at my grave and weepには、「仏教的である」とか、「アニミズム的である」とかいった以前の、人間の持っている本質的な情が表現されていると思います。

さて、墓がどうこうといった議論がなされる前に、Mary Frye説が正しいとした場合、詩が作られる過程で、戦争によって分断された肉親の墓前に行くことができないという事実を把握すべきでしょう。
すなわち、「そこ(墓)にはいない」という言葉になっているだけであり、「風にも雪にも鳥にも」という言葉の中には「墓にも」という言葉が、暗黙裡に入っていることを、深く観ずるべきでしょう。

逆説的にいえば、「作者不明」の真意を逆手にとっている人々(死者からの視点であるといった観点に立とうとする人々、ひとつの信仰を築きあげようとする人々)がいたとするならば、「そこ(墓)にはいない」は、(知的に)真理として理解せざるを得ないことになるでしょう。

そういった人々は、「墓信仰ではだめで風や雪や鳥といった自然信仰がいいのだ」と言っているのと同じことになり、「自然信仰はだめで墓信仰がいいのだ」、「いや、十字架信仰がいいのだ」とかいった宗教論争を飽きることなく引き起こしつづけていることに気づかないだけなのでしょう。

Do not stand at my grave and weepの原作者として、一般的にもっとも確からしいとして認められているMary Frye説を採択せずに、あくまで「作者不詳」として多数の書物を出版し続ける人々の思惑は、そういったレベルでの論争の原因に少なからず影響しているように思われます。

さらにいえば、「風や雪や鳥や、そうして墓にも」といった解釈が可能であるにもかかわらず、あえて「墓にはいない」と記述しなければならなかった心境を鑑みた時、Mary Frye説の信憑性がさらに増すということになろうかと思います。


※08/02/28 07:45
この詩を巡る死生観についてコメントされているブログを見つけました。
http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20070120/1169277319

※08/08/14 03:15 追加
実は、この記事(「千の風になって」=「モニュメント」考)を記載した後、だいぶ経ってから、大沼に「千の風になってのモニュメント」を氷にて試作(2008年2月1日)し、次に、安山岩にて完成させた(2008年4月25日)ことを知っていた。

以下、「北海道七飯町・ななえ」の「千の風になって トピック」
http://www.town.nanae.hokkaido.jp/arai_man/002.htmlから、発言など一部を引用しています。

モニュメントの形態としては、「普通のモニュメントや記念碑は自己主張が強すぎて美しい景観を阻害するものが多いが、この千の風モニュメントは控えめでとても良い。」(荒井氏)とのことである。
私的な感想を述べさせていただくならば、

1.本投稿内に記述したように、「モニュメント」は、「モニュメント」の向こう側への「思い・情」の途中に(知的・幻想的な切断面として)あるもので、ややもすると、「はじめにモニュメントありき」といった宗教的な束縛をもたらし得る。

2.そういう意味で、今回作られたモニュメントは、「その上を吹き渡る風」というイメージ(二次的なモニュメント)を、共有可能な(知的・幻想的な)切断面(モニュメント)として想像しうることを想定しており、比較的緩やかな束縛しかもたらさないといえる。

3.また、「吹き渡る風」と同時に、「再生をイメージし、自然石のななえ石が大地から力強く湧き出る形を表し」たとのこと(設計を担当なされた渡辺氏)。
Mary Frye説が正しいとすれば、「再生のイメージ」というより、「母への思いの強さ」になるだろうか?もし、ドイツ(ないしドイツ系ユダヤ人)に「母なる大地」(地母神※)といった概念があるなら、「母の墓碑の元に行けなかった」心情の強さを表現していると捉えることが可能だろう。。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/地母神
ナバホ民族説が正しいとすれば、たとえば川口英孝氏の「千の風になって」(えいこう語る、暮らし » 一般)
http://pub.ne.jp/kawaguchi/?entry_id=1357399
に繋がるだろう。。。
また、「吹き渡る風」+「母なる大地」+「少数民族」から類推可能な、「父は空 母は大地」といった概念へと結びつけるならば、
http://heidihill.blog26.fc2.com/blog-entry-193.html
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1416929
にも関連するだろう。。。

4.一点のみ残念なのは、モニュメントを作って、固定してしまったことである。「千の風になって」を、あえて「原作者不詳」とするのであれば、モニュメントなど作るべきではなかったのでは、ないだろうか?

いずれにしても、多義図形的な複数概念(知的切断面)が、モニュメント上で交錯しうる状態・情態というのは、そのモニュメントの完成度(というより未完成度というべきか?)の高さを物語っているようであり、その点に於いて、非常に卓越したモニュメントであると思っている。

[PR]
by kisugi_jinen | 2007-05-30 18:35 | つれづれ。。。 | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧