AX
<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
知・法の境界と心・情の境界と。。。
「独仏の歴史教科書。。。」へのコメントにしようとしましたが、独立した投稿にしておきます。

当初、心・情から発生しはじめた境界が、知的・法的な境界へと一度変換されてしまうと、変更したり取り壊したりするのに、多大な労力・情・時間が必要になることでしょう。

心・情の境界と知・法の境界のずれが繰り返し境界の破壊的な変動を生み出すという事実は、ヨーロッパの歴史が雄弁に物語っているように思われます。

心・情にて生み出される境界は、本来(ボトムアップ的・動的)に作り出されます。
あたかも炎によって映し出される影の如く揺れ動き、相互の関係によって離れたり、重なり合ったりします。
しかし知的・法的に記号・概念として固定化された途端、境界はトップダウン的・静的に作用し始めます。

だからといって、(知的切断面としての)知的・法的な境界を作らないように抑制し続けることがいいかといえば、そういうわけでもない。

そういった抑圧は、心・情の求めようとするところを、短絡的に別のものに結びつけてしまう危険性が潜んでいる。昨年11月に話題になったフランスでの暴動騒ぎは、まさにそういった事態に相当するでしょう。

ユダヤの民が何故に知的・法的な境界を求め続けるのか?

そういった事とも、関連しているように思われます。

境界を知・法によって固定化せざるを得ないのであれば、心・情による境界の変動幅をあらかじめ予測して、固定化される境界に付随的に(知的に)明記することで、相互の心・情が境界を越えて繋がり会うことが可能な状態に保ち続けようとすることが、本来的なのではないでしょうか?

===
06/05/18 04:15追加

同様のことは、「水は答えを知っている」のような事例においても適応可能だろう。。。
物理学会での見解を中心(境界)に据えて、様々な意見(見解)を提示しておく。
あえて直接的な相互批判は載せない。
「考えさせる」のである。。。

そうやって考えた後でこそ、繋がり会うべき情が繋がり会うかもしれない。。。

※注
06/05/19 05:50
もし、上記手法を取るとした場合、歴史的見解の相違と、政治的見解の相違と、似非科学的見解の相違など、同一土俵で扱えるわけではなく、それぞれの対応方法を編み出さねばならないだろう。。。
特に、無批判に受けとってしまう年齢層への提示を行なうときには、十分な配慮が必要だろう。。。
そういった意味で、似非科学の場合には、歴史的見解・政治的見解とはことなる別冊子のような形態で、時間軸方向にずらして(すなわち、十分な批判能力がついた段階で)、提示するのがいいかもしれない。
[PR]
by kisugi_jinen | 2006-05-18 03:52 | つれづれ。。。 | Comments(0)
独仏の歴史教科書。。。
ドイツとフランスが歴史教科書を共同編纂したというニュースがテレビで流れていた。。。
Excite エキサイト : 国際ニュース参照

互いに主張が異なる場合には両者の意見を併記しているという。。。

まさに、私の求めている「境界を保ちつつ、境界を越える」という行動そのものである。

日本および関連諸国は、同じことが出来ないまま、いつまで泥仕合を続けようとするのであろうか。。。

※06/11/11 06:11
エキサイトのニュースが消えていた。。。

代わりに、毎日のキャッシュを引用しておく
http://cc.msnscache.com/cache.aspx?q=4474632417707&lang=ja-JP&mkt=ja-JP&FORM=CVRE

で、再度検索した結果、「両論併記」はないということが赤旗の記事に載っていた。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-10/2006061006_01_0.html
うーーんんん。。。当時、ネット検索したときに「両論併記されている」と記述してあった記事をみたはずなんだが。。。

これだから、「歴史的事実」誤認の危険性は、常に考える必要があるといえるかも。。。

[PR]
by kisugi_jinen | 2006-05-06 00:18 | つれづれ。。。 | Comments(5)
概念、静的・動的、客観・主観、知・情・意。。。
概念が形成されるという過程は、知的な認識がなされるという過程そのものだと思う。

そうして、そうやって形成された概念は、既に、一定の信号パターンとして処理可能なものであり、言語記号などにてコード化されうる。

交換可能なコードと化した概念の「意味」には静的と動的の2種類あるだろう。静的な意味は、その概念を用いる者と情況に影響を受けない「交換可能な意味」(状)であり、客観的な意味である。しかし、一方で、その概念を用いる者と情況に影響を受ける動的な意味・「交換不可能な意味」(情)があり、それは、主観的な意味であろう。

以前にも記述したが、後者を動的な意味としたものの、いったん、知的に切断された状態、すなわち、「者と情況と概念」という総体を「ある特定の概念形成の場」といった「概念」で、(メタ的に)捕らえた段階で、「動的な」は、すぐさま「静的な」という言葉に置き換わるだろう。。。

1.交換可能だとされるもの、客観的に扱いうるとされるもの、そういった概念は、知的平面(知的切断面)にて取り扱われうるものと同義であるだろう。

2.交換不可能だとされるもの、主観的に扱いうるもの、そういった概念の本体(総体)は、情・意的方向性にて取り扱われうるものと同義であるだろう。

今、私が疑問に思っていること。。。

それは、1の知的切断面と因果的連関、2の情・意的方向性と非因果的連関(共時性、量子力学的な統計的事象)との関係である。

ちなみに、後者が関係の有無以前に「全く無い」とすれば、心は知的切断面内で因果的連関として記述可能だということになるだろう。ということで、そういった前提条件すら保留にしておく。

すなわち、
知的切断面と因果的連関
知的切断面と非因果的連関
情・意的方向性と因果的連関
情・意的方向性と非因果的連関
の4つの組み合わせを考えている。

=====
06/05/04 06:55追加
上記で
○○と△△
というように記述したが、実際のところは、△△を○○で説明可能か?ということになる。

すなわち、
a.因果的連関を説明可能な知的切断面(静的概念)
b.非因果的連関を説明可能な知的切断面(静的概念)
c.因果的連関を説明可能な情・意的方向性
d.非因果的連関を説明可能な情・意的方向性
の4つの組み合わせである。

これらを考えるにあたり、因果的連関を有する事象については、知的切断面(すなわち、交換可能な、客観的な静的概念)にて取り扱うことが可能であろうゆえ、a.は成り立つ。
また、非因果的連関を有する事象については、知的切断面(すなわち、交換可能な、客観的な静的概念)にて取り扱うことが困難であろう。というより、交換可能・客観的に扱うことが可能だというものに限定されるのであれば、それこそ
いったん、知的に切断された状態、すなわち、「者と情況と概念」という総体を「ある特定の概念形成の場」といった「概念」で、(メタ的に)捕らえた段階で、「動的な」は、すぐさま「静的な」という言葉に置き換わる
ゆえ、b.は成り立たないし、そういった説明可能性は、d.によって行なわれざるを得ないということになるだろう。
c.については、そう言うこともありうるということになる。

====
06/05/04 07:16追加

分かりやすく言えば、

「石ころに躓いて転んで怪我をしたけれど、泣かなかった。」ということについて、

石ころに躓く(原因)→転んで怪我をする(結果):客観的状況として状報交換可能。

「泣かなかった」ということについては、主観的な要素が含まれるため、客観的状況ではなく、主観的情況として情報交換不可能であるが、「本人にとっての何らかの事情」を想定しうるので、メタとしての客観的状報「泣かなかった」として交換可能。

上記例では、a.(とc.)になる。


「おみくじを引いたら大吉で、その日に、宝くじで100万円あたったけれど、悲しかった。」ということについて、

おみくじで大吉←(非因果的連関)→宝くじで100万円

事象としての「大吉を引いた後に宝くじ100万円」という客観的要素が含まれるが、説明可能性としての因果関係が含まれていない。更に、「悲しかった」を説明することは不可能。
おみくじで大吉、宝くじで100万円←(非因果的連関)→悲しかった
たとえば、大吉のおみくじを引き当てた上に、宝くじを当てた直後、父が亡くなったということを経験していたとか。。。
そういった場合の話になる。そういった「者と情況」を併せ持ったときの「悲しかった」である。
この例では、d.(とc.)になる。

[PR]
by kisugi_jinen | 2006-05-04 04:59 | 思考。。。 | Comments(0)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
[自我=自己の自己に対す..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧