AX
<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
生命維持装置。。。病院組織としての責任放棄。。。
詳しい調査結果が報道されない限り、良くは分からないが、少なくとも、読売・朝日の両新聞を見た結果、私が受けた印象は、病院全体の体制として「延命処置・尊厳死」に対する対応が十分にできておらず、受け皿が無い故に、病院長自らが判断不可能とのことで、責任の所在を明らかにすべく、調査そのものを警察に押し付けたかのような印象を受けた。

通常は、何らかの倫理委員会が機能しているはずである。しかしながら、今回のケースではそういった委員会すら開かれた形跡が見られない。

病院運営の困難な昨今、経営重視の戦略を選択せざるを得ない病院が増えている(国立病院ですら例外ではない)ため、現場での状況が倫理委員会を開くことすら困難な状況だったのかもしれない。

したがって、事が発覚した以上、内部で処理不可能となり、やむを得ず警察の介入に一足飛びに移行したのだろうと思われる。

しかしながら、警察を介在しての捜査は、おそらく、当然、当人の死に直接携わってきた主治医(外科部長)の「情」を排しての調査が主体になるだろう。
そのとき、家族の方々は、どのように受け答えをされるのであろうか?

家族と当人との間の「情」、主治医と当人との間の「情」。。。

これらの「情」が再び絡まりあうのは、法廷でしかない。

本来、病院の倫理委員会を介して、「情」に綻びがあったなら、関係改善がなされるべきであったのに。。。

警察が介在してもなお、そういった「情」の関係改善の場として、病院と主治医と家族とが外部からの介入を排除した状況で、一度、じっくりと話し合う機会を設けることは不可能なのだろうか?

※06/03/28 00:35 追加
その後の報道で、病院長が内科系であり、心臓停止までの延命治療派であったことが明らかにされた。
おそらく、外科系の部長の立場とは、元々意見の対立が起こりがちだったことが予想される。
そういった暗黙の対立が、病院としての倫理委員会がなかった、ないし機能しえなかった理由になっていたのかもしれない。

[PR]
by kisugi_jinen | 2006-03-26 21:39 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
西遊記(香取・孫悟空版)最終回をみて。。。
今回の西遊記は、途中2回程度みたあと、最終回の途中からみたので、ほとんど見ていないと言っていい。

それにもかかわらず、最終回のインパクトはなかなかのものであった。

その展開に、仏教伝来以前の原始仏教と伝来後の日本仏教とを重ね合わせることすら可能なように思われた。

。。。


天竺を目的地とし、その目的地に到達した途端、目的地の意味が消えうせる。

天竺での三蔵の立場は、まさにスッタニパータの「八つの詩句の章」での「最上についての八つの詩句」そのものである。一瞬吹き荒れた風が御釈迦様の行為によるのであれば、まさに、「形而上学的思考において上下の差などない」という教えそのものを示していると思われる。

すなわち、あの状況での玄奘三蔵の描写そのものが原始仏教を体得した状況を表しているのではないだろうか?

その後、玄奘三蔵がお経を持ち帰り、多くの人々の為に働いていたであろう期間は、ドラマでは一瞬の間の如くにすっ飛ばしてしまっているが、実のところ、まさに中国→日本といった仏教の変遷(日本的仏教への変化)そのものの時代に相当するであろう。天竺への旅(原始仏教への到達)が困難な時代背景にあっては、日本的に変化した仏教に拠り所を求めてきた時代であったはずである。

さて、ドラマでは「お経の文字が消えた」=「お釈迦さまがさらわれた」という解釈で、救い出しに行くための再出発にて物語が終わっているが、まさに、現代、形骸化した既存宗教が、文字・記号・高度な思考文化に頼って、人々の心・情とかけ離れたところにあるといった状況、すなわち、現代の日本仏教が、天竺の坊様と同様の状況に陥っていることを風刺的に表したとも捉えうるのではないだろうか?

長きに渡って伝えられ変遷してきた書物・思想は、日本人の心の変遷と共に変化してきたからこそ、日本人に受け入れられてきたはずである。日本仏教は時代背景・民俗学的変遷と密接に関連しているからこそ日本人にとっての仏教であったはずなのである。

しかしながら、日本人の心と旧来の日本仏教とが乖離している現在、文字が記されていると思っている教典は、文字が記されていない経典とまさに同一の存在なのではないだろうか?

人々の心が経典の文字を介して、その向こう側へと求め続けたものは、もはや、経典の文字に求め続けることが困難な方向を向いてしまったのかもしれない。

同じものを求め続けているのであれば、方向が変わったといわざるを得ないし、全く別のものを求めているのかもしれない。

いや、目的地に到達した人々が増えているのかもしれない。玄奘三蔵が天竺に到達した途端、そこに君臨している僧侶たちの意味が消えうせる。すなわち、経典の向こう側へと踏み込んだ人々が増えるに従って、教典の意味が消えうせる。
仏教の源泉に近い原始仏教の文献に触れるには、岩波文庫を読むだけでも十分であるし、気軽に仏教発祥の地に赴くこともできる。

では、日本仏教の長きに渡る変遷は、無意味であったのだろうか?

そうではないだろう。

最上についての八つの詩句の章は、原始仏教と日本仏教のどちらが優位か?、最上か?という問いかけ自身が無意味であることを示している。

変わったのは、私たちの心であり、たまたま原始仏教に向かおうとしている人々が目立っているという状況に過ぎないのではないのか?

歴史的変遷として、家族中心から個人中心への変遷がある。これは、祖先の霊との関連性の強さよりも、個人の魂の救済を主たる目的に据える変遷でもありうる。

であれば、一般衆生(すなわち祖先・子孫の霊)を救済目的とした日本的仏教への関心は薄まり、個人の魂の救済を目的とした原始仏教(ないし、原始仏教的なスピリチュアリズム)への関心が高まるのは自然の成り行きだとも言える。

でも、個人として切り離された霊性に対して、集団化しようとする霊性も常に存在し続けるであろうし、そもそも、個人として切り離された霊性は、知的切断されているがために、他との繋がりを希求し続ける定めにある。(逆に、つながれ続けようとする霊性は、離れようとするであろう)

なぜなら、全体(総体)と個体との関係そのものは、決して切断されうるものではないからである。

どちらが優れているとか言った話でもなく、どちらを選択するかといった話でもない。

両者は、見るものの視点、切り口(知的切断面)によって見え方が異なっているということに過ぎないのだから。。。

まさに、灯火と我との個々の関係であり、総体の関係であるところを歌った歌の情態そのものであろう。。。

「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院)
[PR]
by kisugi_jinen | 2006-03-24 18:50 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
物理学会年次大会での、「ニセ科学」をテーマにしたシンポジウム、について。。。
愛媛大学(2006 年 3 月 30 日 午前 9 時)で開催される第61回物理学会年次大会において、 「ニセ科学」をテーマにしたシンポジウムが開催されるそうである。

私も、mixiに入ったとたんにコミュを見つけて乱入した経緯もあり、参加したいところだが、やはり遠すぎるし、参加費が高すぎる(笑)。。。

「水は答えを知っている」について、いままで関連して書いてきたことは多くあるが、たとえば次の4つが直接的に関連する記述である。
水は答えを知っている?。。。
「水は答えを知っている」と、「他人の落とした大吉」の関係。。。
もう一つの、水は答えを知っている。。。
こころについて。。。仮説1を前提とした仮説2。。。


これら、私の主張するところの根本は、客観性を中心として考えて行くときに、どうしても主観側を排除しようとする方向性が生まれ、平均値からのばらつきとして、「わたし」という個々の思いが切り捨てられてしまうということである。

たとえば、物理学会主催での上記シンポジウムでは、物理学者たちが「どのように対応するか」が、話し合われるのであり、少なくとも、心理学者(とくに臨床心理学系)の方々は参入していない。。。

。。。これは何を意味するのか?

以下、mixi内に書いたことを少し修正して、こちらでも書いておく。

少なくとも、「水は答えを知っている」は、物理学的には決着の付いていることであるはずです。なぜなら、物理学的な実験系では、決して引っかかってこないレベルの話でしかなく、それ以上でも、それ以下でもないからです。

しかしながら、それは、水の状態変化と心との関係を、水の側から記述しようとした結果でしかないはずです。心の側からの記述を対象にするには、心理学系からのアプローチが必要です。心理学的に見るにしても、科学的な攻めとしては、二重盲検を使わざるを得ないため、統計的な有意差はでてこないでしょう。 しかしながら、平均値とばらつきのうち、統計学的には平均値とばらつきの程度・形態のみを対象にし、個々のばらついた値は直接的な対象にはならないでしょう。

では、「心と水との関係がない」とばっさり切り捨ててしまっていいのだろうか?
ということになります。

ここからは、心理学は心理学でも、臨床心理系での話(※1)になります。

たとえば、「物理学的に関係がない→科学的に関係がない→心と水とに関係がない」という方向への拡大解釈をおこなうことに、危険が伴わないのか?
ということです。

二つの矢印の途中に、客観→主観への読み替えが潜んでいます。

「水、ありがとう」という二つの記号への固執が、なぜ生じるのか?を、臨床心理学的に、個々の人々の立場から、うまく捉えてあげられない内に、上記読み替えを積極的に進めることは、信じている人々にとって、主観の否定以外の何ものでもない状況を生み出しかねないと思います。(※2)

「客観が主観を凌駕する」

もし、そのように思っている人々が物理学の分野におられるようであれば、正直恐ろしいです(注)。また、客観的思考(物質中心)が主観的思考(心中心)を切り離しうると考えておられる場合も同様です。

両方が並列的に働いてこそ、実りあるものになろうかと思っています。そうして、それは、本来ならば、同時的に進めるべきものです。しかしながら、客観が先行することは、やむを得ないことと思います。なぜなら、今回の件は、主観が先行しすぎたからです。

※注:たとえば、原子力エネルギーを客観的に捉え続けることと、主観的に捉えざるを得ない場合とで、対立が生じるようなものです。 原子力エネルギーを客観的に捉えるという方向性は、医療や発電といった公共的な(平均化・全体化・没個性化の)方向へ向かいますが、主観的に捉えるとき、個人的な方向性、すなわち、核兵器などへの方向性や、個人被曝の問題・発ガンの危険性などに向かいます。

※1:臨床心理学的に言うところの「水と心との関連」とは、「非因果的連関、ユングの共時性レベル、統計学的な揺らぎ、ランダムノイズ」という概念の範疇の話です。すなわち、平均的・統計学的な「主観」を排除する方向性ではなく、個々の「わたし」を重視する方向性です。

※2:2006/03/04 03:12追加
信じる人々の心は、一見、「水」とか「ありがとう」とかの記号へ固執しているように見えるが、そうではないと思う。彼らは、それら記号の先にあるものを求めていたところ、たまたま、江本氏の本が目の前に現れて、そこに引っかかってしまった情態だと思う。
これは、「情」というものが知的に切断されてしまいがちな現代社会において、たまたま、「心の情態」を映し出すかのごとく錯覚させてくれる「水・ありがとう」に飛びつかざるを得なかったのだろうということである。そういった「もとめるもの」が、個々ばらばらだったはずが、一つの記号に集約されていく様は、一つの宗教的な変化と、捉えるほうがいいかもしれない。

そのような状況にて、信じている対象を、急激に排除ないし蔑ろにされたとき、信じている人々はどのように感じるであろうか?

このことは、昨今、問題が表面化している国際的な宗教関係の悪化とも、密接に関連しているように思われる。

[PR]
by kisugi_jinen | 2006-03-04 02:58 | 思考。。。 | Trackback(2) | Comments(7)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧