AX
<   2004年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
信じるということ。。。再々考。。。
信じるということ。。。再び。。。
および、そのコメントで、「知」的領域と「情」的領域との関係から、曖昧な記述を行っていたが。。。

よくよく考えてみると、知的・情的という分離そのものが不可能(というより、それらは側面同士・紙の裏表のような関係なわけであり、

情的なもの=「対象と主体と方向性を有するもの」は、知的に捉えようとしたとき、「そのもの」ではなく、「方向性のみ」を記号化しているという定義であった。

知的領域では、「交換不可能な自己の自己参照系」から派生する「自己の自己に対する絶対優位性」に基づいて、「信じる」が生じるという説明をおこなった。

で、「交換不可能な自己の自己参照系」は、「情的なもの」の定義から「対象=自己」、「主体=自己」としたときに、そのまま成立してしまう。

すなわち、「知的」なものが「静的」であるゆえに、その他に「時間」と「方向性」とを別に定義しなければ、「交換不可能な自己の自己参照系」を説明できなかったのが、
主体と対象と方向性を含む「情的」なものであれば、余計な「時間」とか「方向性」とかも既にその内部に含まれてしまっているからである。

したがって、「知的側面」からも「情的側面」からも、(それらを「知的・記号的」に扱ってしまうことになるが、)論理的・無矛盾に「交換不可能な自己の自己参照系」から派生する「自己の自己に対する絶対優位性」の説明が可能であるということになる。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-27 00:13 | 思考。。。 | Trackback | Comments(1)
情の知的分断と情への回帰。。。そして排除の可能性。。。相補的。。。
一つの対象に対して、情の方向性が2方向あるとき、知的側面は、二者択一を迫る。
二者択一という知的分断によって発生した境界。。。

両者を越えるには、情への回帰が必要であろう。。。
なぜなら、知的側面が分断という方向性を有しているのに対し、もともとの発生源が2方向を有しうる一つの情(わたし)であり一つの対象であるから。。。

知的=理性的とは限らない
知的分断を越える情こそが(個人的なレベルでの)理性的なのかもしれない

理性的とは感情的と相反するのではなく、相補的なのだろう。。。

一人の思考内部では、確かにそのようになっているような気がする。

しかし、
複数の人々の間で、同じことが発生したとき、もし、そうやって一つにまとまったかのごとく思えるときには、一つの境界が発生しているかもしれない。。。

各人の情の排除という境界が。。。

二者択一的に分断された情の一方のみ複数の人間によって共有されるときには、イデオロギー的集団と化すであろう。

しかしながら、理性が複数の人間で共有される時、その理性は既に記号化されてしまい、個々の情は個によって閉じ込められてしまう。。。

知・(共通の情として記号化された)理性。。。これらが、個々の人々の情よりも優位であるべきときとは、共存の可能性の模索といった側面での「境界」を排除しようとするときのみであろう。。。
しかしながら、「個々の情」は、最後の砦として「わたし」という「境界」を放棄することはない。

さらに、、知および(個人的にも共通的にも立ち現れる)理性は、「わたしの情」と相補的でなければ、「全体」が「わたし」を排除するか、「わたし」が「全体」を排除するかという、二者択一を突きつけてくるであろう。。。

(以下、2004/11/26 05:36追加)
。。。しかし、もし、そうした事態となったとしても、総体としての「こころ」は越えてゆくであろう。。。もし、そこに境界を越えるだけの情があるのならば。。。

降りしきる雨は霞み 地平は空まで
旅人一人歩いてゆく 星をたずねて
どこにでも住む鳩のように 地を這いながら
誰とでもきっと 合わせて生きてゆくことができる
でも心は誰のもの 心はあの人のもの
大きな力にいつも従わされても
私の心は笑っている
こんな力だけで 心まで縛れはしない
   --- 中島みゆき 「East Asia」より


理性と情。。。
本来、情でありながら、相補的(二方向的)なもの

相反するものではない故に、
「わたし」の内部では越えていくことのできるもの

互いに求め合い、
素通りしていくもの。。。

貴方は炎の大地を歩き
途切れた未来へ注ぎ込むもの
けれども情けの深さのあまり
己を癒せず凍えゆくもの
私は凍った大地を歩き
いてつく昨日を暖めるもの
けれども思いの熱さのあまり
己を癒せず身を焦がすもの
(中略)
flame & aquaなんて遠い者達
私達は互いにだれより遠い
flame & aquaなんて同じ者達
一番遠い者達が一番近い
flame & aqua互いから生まれ合う
貴方がいなければ私はまだ生まれていないような者
(中略)
flame & aqua貴方は一途な水
私達の行方をさし示すもの
flame & aqua私は揺れる炎
私達の行方を照らしだすもの
flame & aqua求めずにいられない
私達はあまりに一人では担い過ぎる炎と水
   --- 中島みゆき 「炎と水」より


。。。そうして、炎と水のごとくに「情」を二方向へと向かわしめる力。。。
それは、「わたし」だけで生まれるものではなく、「わたし」と「全体」から生まれ出るものであろう。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-26 02:52 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
建前と本音。。。
建前って、結局のところ、知的・論理的・理論的・客観的に、外部からの要請(当人にとっては、どちらかといえば受動的)という方向からでき上がる。

本音って、逆に、情的・主観的に、内発的なもの(当人にとって能動的)という方向から湧き上がる。

「両者は矛盾する」というより、相克、陰と陽に相当するような気がする。。。

知(客観的・受動的)と情(主観的・能動的)は、両方が必要、というより、両方のバランスが「わたし」という中心を存在せしめている。。。

「わたし」が最初にあるという考えに立脚すれば、それは「意」があるということになり、

そうではなく、「知・情」のダイナミックなバランス・相克が、「わたし」を「わたし」足らしめているとすれば、それは「意」が「知・情」から生まれるということになる。

と、そんな風に思っています。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-23 01:48 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
情報と状報。。。更なる検索結果。。。
2004/11/23 1:17一部リンク追加:「関連する文

私が「情報」に関して疑問を感じたのはずいぶん前だが、
情報とは何か・生命と非生命の違い関連する文から深く考えるようになった。辞書には「状報」は載っていなかったが、ネット上では有意義な検索結果となった。特に、小野 厚夫氏の
情報という言葉の歴史
明治期における「情報」と「状報」
情報小論
などは、これ以上の状報が無いという位の収穫であった。
この中には、たとえば、
鴎外は『戰論』で同じ Nachricht を「情報」と「状報」の二通りに訳しているが、鴎外が文字にうるさいことは有名な話であり、二語を意識的に使い分けたとみるのが自然であろう。これについて大島進 (7) は敵情推測の所変(客体印象識)である「状報」と、能変(主体思量識)である「情報」に訳出分けしたものと解釈している。

例えば歩兵が地形のようすを調べた報告は、「敵情」というよりは「敵状」が適している。たがって、明治の初期に「敵情の報告」を「情報」、「敵状の報告」を「状報」として区別して用いたのは当然のことといえよう。

などとの記述がある。
もっと、早くに見つけ出していたら、こんなに苦労しなかったろうに。。。私(苦笑)。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-22 05:47 | 思考。。。 | Trackback(1) | Comments(0)
情と犯罪と。。。そしてヨン様。。。
なんだか、最近、情に絡んだ犯罪が、やたら多いような気がする。

と、言ったところで、「情」そのものが犯行動機ではなく、「情」と「状」の誤認を利用した犯罪ということ、すなわち、「情」に絡んだ「だまし」。。。

「おれおれ詐欺」など、「偽情報(=状報)」を「情報」と誤認させる手口を使うし、児童の誘拐にも、自ら車に乗り込ませるために、おそらく「偽情報(=状報)」を使ったであろう。。。

状を情としてだます人々は、すでに「人」ではなく「コンピュータ化」してしまっているといっていいだろう。。。それは「知的側面」だけが発達し、「情」を自ら切断してしまった「半死」の状態だといっても過言ではないような気がする。。。

「総体」から「情」が切り離され「状」のみ語られるとき、すなわち「境界」があるのに「ない」と錯覚するとき・させられるとき、人は「ニセの共感」を抱くのであろう。

さらに、「情報」を「客観的に」扱おうとすればするほど、「情報」から「情」が抜け落ちていき「状報」に変化してしまうであろうゆえ、メディアを介して得られた「状報」は、「情報」として認識してはならない、すなわち、原則的に「共感してはならない」ということになってしまう。

ただし、方向性が重要である。

一方的で受動的な「状報」から生まれる「共感」は、ほとんどの場合ニセであろう。が、能動的に、双方向的に「状報」に接しようとするとき、いや、「境界」の存在を知りつつ「状報」を越えようとするとき、「共感」が生まれるかもしれない。

それゆえ現代社会においては、常に「知的に疑いながら情で越える」という姿勢が要求されつづけている。

そういったことに疲弊した人々が、「ヨン様」ブームを引っ張っているのかもしれない。

最も身近で頻繁に「境界」と「共感」を求め続けられているのは、夫婦であろうから。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-22 02:48 | つれづれ。。。 | Trackback(1) | Comments(1)
善悪の概念、否定神学のごとく。。。
子供のころ、ヒーローものを良く見たものだ。。。
勧善懲悪という概念すら知らずに。。。

大人が一方的に押し付けると、大人が信じ込んでいる「善悪の概念」

そういった(大人側からの)捉え方があるゆえに、「絶対的な善悪は無い」という混沌とした「善悪の概念」が、さらに一方的に作り出される。。。

あたかも、善悪の概念における否定神学のごとく。。。

子供時代、善悪の概念なんぞヒーローものに求めてなんかいなかった。

ただ、単に「かっこいい」とかいって、自分を投影することで「その気になって」、いつも自分をいじめていた近所のガキ大将をやっつけるところを想像する。。。

「情的側面」での劣勢を「知的側面」で補うという、自分を信じるための手段として利用していただけだったのかもしれない。。。

で、次の日、「とゃぁあぁぁーーー」とか、新手の技を繰り出すと、ガキ大将も同じ番組を見てるので、結構一緒に遊んでくれたりする。。。

単に、そういうことをやっていたはずだった。。。

なのに。。。なぜ、大人の心理的ジレンマを子供向け番組の中に組み込まなければならないのであろうか?

子供が「情」から「知」への移行を行うとき、自身の「情」を「信じる」ところから出発し「知的側面」にて認識しなければ、その「情」は切り離されたまま、心の中を彷徨うことになる。

そういったことが、おそらく、近年の少年少女による残忍な事件へと結びついているのではないだろうか?

切り離された「情」の「知的側面」を介しての表出ではなく、他者にとっての異常な状態での表出。。。そういった事件性を帯びて見えるあらゆる表相(表出)が、「情」の表現(記号化)にしか過ぎないのではないのだろうか。。。
そうして、「絶対的な善悪など無い」と嘯いていた大人たちは、そこに「絶対的な善悪」を見出そうとする。。。

最初の「情」が「知的側面」で捉えられるときに、第1反抗期が来るように、
いったん作られた「知」は、さらなる「情」によって、解体される日を迎える。
おそらく、それが第2反抗期であろう。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-20 21:27 | 思考。。。 | Trackback(4) | Comments(0)
乳幼児注ないし禁の宮崎映画。。。
宮崎 駿の映画は好きだ(※)。。。だが。。。

もともと、大人向けの映画なのだが、一見子供向けに作られたように大人が錯覚しやすいのも事実。。。

あらかさまに「乳幼児注意ないし禁」とは書いていないものの、そういった映画も最近多い。。。

昨日テレビ放映された「もののけ姫」もそうだが、極めつけは「千と千尋の神隠し」。。。
「となりのトトロ」は、お化けというより動物っぽい要素が強く、「恐怖心」には結びつかないので今回は対象外。

宮崎氏は、日本人に伝わるであろうはずの精神世界を映像化しようと試みているのかもしれないけれど、

それは、子供たちにとっては「お化けのお話」

なわけで、それによって伝統的な日本人の精神世界を大人が懐古しようとするとき、

乳幼児は、いきなり「大人」によって「お化け」の世界に連れ込まれるわけである。

大人の方が「のめり込んで」見ていると、乳幼児は、いきなり泣き出すしか手が無い。。。

「千と千尋の神隠し」を映画館に見に行ったとき(、たしか、わが子はまだ生まれていなかった)、スタートしてまもなく、最初のお化けが徘徊する場面で、多くの子供たちが「こわいよー」といって泣き叫んだ。仕方なく連れ出す親が多かったことを思い出す。

元来、というか、日本の伝統文化的には、(というか、世界的にもそうかもしれないのだが)「お化けの話」をするとき、親と子との「情」をしっかりと結びとめておかなければならないと思う。

泣き叫ぶときの対応、興味を抱いているだけのときの対応、微妙に怖がっているときの対応、逃げ出そうとするときの対応。。。
それぞれの状態に応じて話の筋を変えたり、お化けごっこで一緒に遊んだりする必要があるため、常に子供と向き合っている必要がある。というか、親がいつでも守ってやれる体制にいる必要がある。

「テレビ」や「ビデオ」や「映画」の世界では、ストーリーが一辺倒であり、親がのめりこんでると、途中で切るというのもできにくかったりする。

「恐怖心」というものに対して、親から放置された場合、子供たちの「情」は痛く傷つくであろう。
いったん「恐怖心」を抱いた子供たちに対して、「怖くない。怖くない。」なんて一方的な親の独り言のような呪文は、子供たちにとってはなんの効力も発揮し得ない。

突然沸き起こる「恐怖心」(情的側面)は、説明を「知的側面」に求めようとする。そこに何も無いとき、子供たちは「泣き叫ぶ」しか手が無い。

一度でも、お化けごっこ(親が布団をかぶって「お化けだぞー」とか、鬼の面をかぶって「鬼だぞー」とか、あるいはナマハゲとか)を経験していれば、子供たちは、「何らかの説明」を自身の内に組み立てることができる。(恐怖心の程度に応じた、その子なりの解釈)

「霊的存在」を信じる、とか、信じない、とか言っている以前に、すくなくとも子供たちに見せる「お化け」ストーリーは、「親」「大人」の「知」というフィルターを介して「描写」されていることを、子供たちに見せるときに、常に考えていなければならない。

昔、子ども会か何かの合宿で、お化け関連の物語を、広い講堂みたいなところで聞かされたことがある。(たしか、小学校中学年程度のころ)多くの人間がいたにもかかわらず、非常な恐怖心が巣くったためか、その夜は怖くて寝付けなかったのを覚えている。
周囲に人が大勢いるかどうかではなく、「情」を通じ合える人がいるかどうかが、問題になるのだろうと思う。。。

。。。そうそう、「否定神学的な子供向け善悪」ってのも、意識する必要があるかもしれない。。。
次回は、それについて書いてみよう。。。

※特に「風の谷のナウシカ」の原作(アニメージュ版)は、中学生指定図書にしても良いくらいだと思っている。(06/12/22 07:15)
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-20 03:33 | つれづれ。。。 | Trackback(2) | Comments(0)
記号化可能=状報、記号化不可能=情報。。。
「記号」。。。
それは、言語機能に代表され、主として人において顕著に発達している能力によって扱われる。

ある種の「信号」が、特定のグループ・集団(家族、同胞、民族、人種、サル、犬、コンピュータetc.)において、共有可能・記号化可能というとき、それは「状報」を持ちうるとする。

状報」とは「情報」と異なり、「(主として人の)情・内面」から切り離され、「機械的・知的・コンピュータ的」に処理可能な「記号」であるとともに、それを受けとる主体が、同様な反応を示す「刺激」に相当する。

現在、「コンピュータ処理可能(コード化可能)なジョウホウ」はすべて「状報」として扱うということである。

さて、「状報」を上記のように定義してやると、「情報」は、「コンピュータ処理不可能(コード化不可能)なジョウホウ」になる。

医療の分野では「疼痛(痛み)」などが、これにあたる。
VAS(visual analog scaling)といった、相対的な数値化方法があるが、これは、「現在までに最も強い痛みを100として、今回の痛みはどの程度ですか?」という質問に答えるときに得られる数値(コード)である。
これが、如何に主観的であるかは一目瞭然である。たとえば、出産前後では、同じ痛みであったはずの数値は異なるであろう。

さらに、上記定義を用いると、「状報」には、ゲーデルの不完全性定理がそのまま当てはまるが、「情報」には当てはまらないという結論が得られる。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-17 03:48 | 思考。。。 | Trackback | Comments(0)
人工知能が「知能」である限り、「こころ」は生まれ得ないかも。。。
知的側面が受動性主体
である反面
情的側面が能動性主体
であると、以前記述した。。。

これには、客観的な側面と主観的な側面との関係がズレながらダブっている。。。

客観的とは主体が交換可能(可換)ということと等価であり、主として外部からの要請(受動的)に基づいている。
一方
主観的とは不可換であり、情的側面にて認められるような内発性(能動性)が主となっている。。。

人工知能が、知的側面からの創造および知的側面での理解が可能である限り、それは受動的な働きしかしていないということになる。

「能動的な、内発的な、主体的な」と、思われる働きは、人工知能が「知能」であるかぎり、発現し得ないかもしれない。。。

発現するとすれば、以前記述したように、人工知能が反抗期を経験する必要があるであろう。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-16 03:24 | 思考。。。 | Trackback(2) | Comments(1)
信じるということ。。。再び。。。
このブログを立ち上げた当初、「知的側面」のみで、「「私に対する私の交換可能性」から「自己に対する自己の絶対優位性」への展開」をし、それをベースに「信じる」ということの意味を見てきた。。。

さて、「こころ」の情的側面が、言葉という知的側面にては、完全に捉えきれないのならば、上記考察は、もろくも崩れ去るのであろうか?

そうではないと考える。

情そのものでの思考が困難。知的フィルタを通して思考することで、表在的ではあるかもしれないが、少なくともその範疇で、無矛盾かつ共有可能な側面が認識される。

「知」が「こころ」の一側面である以上、このことは必要条件になりうる。

すなわち、「知的側面」で矛盾を露呈するようならば、それは「情」を含めた総体としての「こころ」にては、受け入れることができないであろうから。。。

ただし、「知的側面」と「情的側面」、ないし「情的側面」同士との間での矛盾・葛藤については、生じるであろうし、生じうるべきものであろうと思う。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-11-15 02:12 | 思考。。。 | Trackback(1) | Comments(1)



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧