AX
子供の成長を感じるとき。。。
子の成長というものには、目を見張るものがある。
つい、この間までできなかった事ができるようになっている。

危険を伴わない限り、「できないだろう」という先入観を捨て去って、
じっと見ているか、「やってみる?」と、誘い水を投げかけるようにしている。

できそうにないことに対して、一度だけでさじを投げることもある、
そういう時は、
「もっかい、もっかい(も一回、も一回)、ゆっくり、ゆっくり」と、
トライさせ、どうしてもだめなとき、
「じゃあ、いっしょにやろうか」と、いって手伝っている。

最近、一人遊びをすることが多くなってきているが、
人形(ウサギ、ネコetc)を使うとき、私がいれば、必ず私を引っ張っていく、
そうして、人形の操作をせがむ。

で、よくよく考えたら、
本人はもっぱら「電車」や「車」といった「無機物」の操作にいそしんでおり、
それらとは違う対象としての「うさぎ」「ねこ」のようである。

おそらく、親が考えるほどには区別をしておらず、単に「自分が動かすことで面白いおもちゃ」と「他人が動かしてくれることで面白いおもちゃ」といった区別しかしていないのだろうけれど、一見すると、「生命体」と「非生命体」とを区別しているようにも見える。

そうそう。。。
「命を大切に」
「一寸の虫にも五分の魂」
というのがある。

で、公園で遊んでるときに、蟻に石をぶつけたりすることが多いので、
「蟻さん、いててでしょ!」
と、言っていたのだが、正直いって、「親の矛盾」を露呈する事件が勃発した。。。

この間、羽蟻(シロアリではなく、黒蟻)が季節柄、大量発生したためか、数匹家の中に入り込んでくることがあった。
子供は「虫さん」といって、つまんで持ってきてくれていたので、(すでに潰されて死んでいるのだが)教育上「虫さん、ばいばい」といって、外に放り出していた。

ところが、数日して、窓の隙間から数十匹が入り込んだため、そうも言っていられなくなり、殺虫剤&大量殺戮&掃除機吸引という強硬手段に出た。(ちなみに掃除機が最も効果的です
子供もけなげに手伝ってくれた。

と、いうことで、やっぱり子供の成長には目を見張るものがある。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2004-10-26 03:06 | つれづれ。。。 | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinen.exblog.jp/tb/702279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 来生自然の。。。 at 2005-01-10 07:18
タイトル : 幻想の共感と幻想の断絶(情の知による共通認識)を越える情..
数十匹の羽蟻 何の罪もない羽蟻たち 明かりに誘われて 誘われて隙間を見つけ 隙間から入り込んだだけの羽蟻たち。。。 何万人というユダヤの民 何の罪もないユダヤの民 夢と希望に誘われて 誘われて土地を見つけ 土地を見つけて入り込んだだけのユダヤの民たち。。。 羽蟻が私たちに何をしたというのだろう。。。 ただ、飛び交って、捕まる場所を探して、 私たちの体に止まって歩き回るだけなのに。。。 ユダヤの民たちがヒトラーに何をしたというのだろう。。。 ただ、ヒトラーが幼い時にバカに...... more
Tracked from 来生自然の。。。 at 2006-10-09 05:54
タイトル : 羽蟻の大量発生。。。再び。。。
子供の成長を感じるとき。。。 にて2年前に起こった羽蟻の大量発生が、今年も先週におこった。 今回は、人海戦術(?)というより、5歳になった息子にも手伝ってもらうこともあり、セロテープでの粘着作戦を敢行することにした。 電灯(蛍光灯)に集まる羽蟻に対しては、掃除機の吸引力がもっとも効果的なのだけれど、セロテープと棒さえあれば、事足りる。 棒の先に粘着面を表になるように螺旋状に巻き付けたものを貼り付けて使えばいい。それを、蛍光灯の下で振り回すだけである。昔ながらの鳥餅に相当するわけであ...... more
Tracked from 来生自然の。。。 at 2008-10-22 07:18
タイトル : 羽蟻の大量発生は二年に一度?。。。
2週間ほど前(10月最初の週)に羽蟻が数匹飛び込んできた。 今回は、密閉度が高い状況にあったので、室内に入り込んできたのは少なく、大騒ぎをすることもなかったが、どうやら2年に1度、大量に発生する様だ。 羽蟻の大量発生。。。再び。。。 2006-10-09 05:54 子供の成長を感じるとき。。。 2004-10-26 03:06 ... more
<< 個の共感。。。集団化による幻想... 言葉遊び・ふたたび。。。 >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧