AX
千の風になって。。。2。。。
千の風になって。。。にて、原作者関連を検索した結果、原作者はMary Fryeさんだということを知った。
この記事を否定するものは、少なくともネット上、見つかってはいない。

「原作者不詳のまま」というのが気にはなるが、今は亡きMary Fryeさん自身は、様々に改変されながらも、連綿と受け継がれていく詩に自身の情が繋がっていくことを知っておられたということであり、たとえ作者不詳とされていたとしても、現作者自身の魂は、今もなお、歌い継がれていく詩の中に生き続けているということになるだろう。。。

※07/01/03 02:00追加
作者不詳というのは、死者の側(Mary Fryeさんをはじめ、この詩に感銘を受けられた方々が、そのときに思い描かれた方の側)からすれば、本来的なのかもしれない。
"I am"ではじまる行のすべては、はっきり言って「死者の側」からを想定した記述である。

詩がそもそも生まれた過程を知っているならば、明らかに、生者の側が死者の側に投影した情を死者の側から語っているから当然のことともいえる。

だからこそ、逆説的に「作者不詳」という概念は、非常に重要なのかもしれない。。。

そうそう、原詩と他の詩を比較して気づいたのだが(リンク先でも指摘されているところであるが)
circling fly

circled fly
に、そして
do not die

did not die
に変えられたバージョンがある。
-ingや現在形は、「いまもなお」という情がつよく感じられるので、個人的には原詩とされるほうが気に入っている。

[PR]
by kisugi_jinen | 2007-01-03 01:15 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinen.exblog.jp/tb/6282270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< はじめてのインド旅行。。。 千の風になって。。。 >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧