AX
医療を巡る環境。。。勤務医と病院と。。。
今更ながらなのだが、勤務医の実態は、平均労働時間週60時間を超えているという記事がでていた。(朝日新聞・4月17日付・厚労省実態調査

最近は、国立大附属病院も、大学の独立行政法人化によって、毎年国からの予算が削減されるため、給料の削減や収益を上げるための改善策などを講じているところが多い。また、反面、事務職員の削減のあおりを食らって、本来の事務仕事が勤務医に回されてくるパターンも増えている。

公務員削減も医療費抑制もいいけれど、影響が勤務医の努力で何とか保たれている状態は、そう長くは持たないであろう。
高度化した医療水準を引き下げることは非常に困難である。
洗濯機・冷蔵庫・テレビ・携帯電話・パソコン・車などなど、高度化した社会生活の水準を引き下げるとしたら、何を放棄すべきか?
同じことが医療費の抑制と病院の経営改善に求められている。

JRでの痛ましい脱線事故を思い出して欲しい。
ダブルスタンダードが招いた悲劇である。

人件費・人員を削減し、患者サービスに努め、国立大学の勤務医は教育と研究もこなさなければならない。
ダブルどころではない、トリプル以上のスタンダードが勤務医を取り巻いている。

惨劇が起こる前の前兆を拾い上げるべく企画されているはずのインシデントレポートも、忙しさの為に、書き上げる暇も無く危険な状態へと一気に突入してしまいうる可能性は十分にあると言うことを、認識すべきである。

さらに、拍車をかけるであろうことは、国立大学病院への通信簿である。数のみを指標とするデータの影に隠れた部分は一般には分かりにくい分だけ、非常に重要なことが隠される危険性も考慮すべきであろう。(※1)

おそらく、数年間は「何事もないかのごとく」、いや「こんなにも改善されました」と過ぎて行くだろうけれど、数年後、医療ミスの数が倍増しているかもしれない。

※1
たとえば、重症の患者数が多い病院とそうでない病院とを単純に手術数とか術後再手術数とか死亡率とかで比較はできない。

[PR]
by kisugi_jinen | 2006-04-17 22:03 | つれづれ。。。 | Comments(0)
<< めいふくをいのる。。。冥福。。... 生命維持装置。。。病院組織とし... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
[自我=自己の自己に対す..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧