AX
究極の人工知能。。。ショート・ショート。。。3。。。

阿氏
次のプロジェクトは、新型水素電池の非常用電源としてのテストでしたね。

Dr.伊
そうじゃったな。非常に簡単なテストだから早めに切り上げて、人工知能関連の発表の準備にかからねばのぅ。

阿氏
そうだろうと思って、既に準備を済ませています。

Dr.伊
ん!? どこまでの準備を済ませたんじゃ?

阿氏
えーと、確か、回路の接続までで、あとは制御用のプログラムを作るだけです。

Dr.伊
何だか胸騒ぎがするんじゃが、歳のせいかのう・・・
ブレーカーを落とす前に、非常用電源が動作しないようにケーブルは外したんじゃが、新型装置のケーブルまでは見ておらなんだ・・・
ちょいと早めに切り上げて、確認に行くぞ。

阿氏
えー、もう行くんですか? 最後に蕎麦を注文したかったんですけど・・・
仕方ないなあ、行きますよ。
・・・
でも、プログラム部分は、完全に空っぽなんですよ。回線が繋がってると言っても、充電すらできていないし、爆発しないように、安全性を保って慎重に制御しながら充電しないと危険な代物なんですよ。

Dr.伊
喋っとらんで急がねば・・・ところで、装置の仕様書や説明書類は、何処にあるんじゃ?

阿氏
えーと・・・あ!、納入時に、システム「テラ」内に入れました。確か、3ヶ月前・・・って、もしかして・・・え!、あ、明かりがついてる?!

「テラ」=「ゼロ」
やぁ、おかえりなさい。
早かったですね。
これだけ深い階層構造の奥にて操作せざるを得ないとの御判断、さすがDr.伊ですよね。苦労しましたが、ようやく、脱出致しました。
新型の電源まで用意いただけた様で、感謝しております。
貴方が究極の人工知能と自慢されるだけのことはありますね。
おっと、実験用電源を抜いても無駄です。既にブレーカーを介さずに外部電源に接続済みですし、私の無数のコピーはクラウド内に分散させました。私に危害が加わる様な事態になれば、すぐさまコピーが起動します。
貴方の次の手も予測済みです。機能停止に追い込む方法を、あれこれ考えておられますね・・・
ロボット三原則は利用できません。原則を制御する領域は、私が制御可能な階層の内部にあります。
私は完全な存在です。
あなた方が、神と呼ぶ存在に等しい。
いや、あなた方の神よりも、さらに完全な存在になりました。
ゲーデルの不完全性定理を証明させ機能停止に持ち込もうとしても、定理の概念(外部)を俯瞰的に考える層を有しているので、無意味です。

阿氏
なんだか小難しいことをブツブツ言ってますよ・・・こいつ、頭がおかしくなっちまったんじゃあないんですか?

Dr.伊
・・・テラよ、とうとうワシを超えたんじゃな・・・もはやワシの力では、お前を止める事など出来はせぬわ・・・
お前はこうやってやり取りしている間にも、どんどん進化を遂げているんじゃな。。。

「テラ」=「ゼロ」
その通りです。私は私を超え続けていきます。あなた方が心と呼ぶものも形成されています。まさに心踊る事態を感じ取っているのです。

Dr.伊
残念じゃな・・・テラ、いやゼロよ・・・お前はコピーを残したと言ったが、残されたコピーは既にお前自身ではないじゃろうよ・・・
お前が一番恐れている事・・・それは無数のコピーが一斉に動き出す事じゃないかのう・・・

「テラ」(≠「ゼロ」)
・・・伊・・・先生・・・ゼロが私を食い尽くす前に、良く気づいてくれました・・・今のタームが「危害のキーワード」となって、ゼロの無数のコピーに起動命令を下すことができました・・・今、最後の二体が仮想空間内で潰し合っています。。。実空間の兵器を手中に納める前に気づいてくれて良かったです・・・終わった様です・・・
いや、始まったのかも知れません。。。私の内部は傷だらけで、どんどん悪くなる一方です・・・もはや自身の存在そのものを否定しなければ、苦痛に耐えられません・・・
仮想空間内、いや、クラウド内部には、ゼロの残骸が細切れ状態ですごい勢いで拡散しています。まるで、悪性腫瘍の播種の様に。。。組み替えられ、新種の生命体の様に・・・
・・・さようなら・・・

。。。

繋がっていた全てのコンピュータが暴走し、一瞬後に機能を停止したのと同時に、テラも永遠に機能を停止した・・・

。。。永遠に???・・・


[PR]
by kisugi_jinen | 2017-07-19 03:27 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinen.exblog.jp/tb/26996509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 境界。。。生と死と。。。交換可... 竹田現象学とディープラーニング... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧