AX
「も」から派生する「超過」という知的切断面。。。
Genさんの列車事故関連の分析は、非常によくまとめられており、かつ深く考えられていると思います。
私自身は、「h.それらすべての遠因である社会的・文化的要因」としての思いを書きましたが、実際のところ、そういった要因が深く関連しているものとして、マスコミの報道体制があるように思われます。
要するに、突っ走り「過ぎる」という感覚。。。
脱線まで至らなければ、マスコミ報道の行き過ぎという感覚はフィードバックされないのでしょうか?
同じようなことは、道路における速度「超過」にも見られます。
制限速度があるにもかかわらず、何十キロオーバーまでなら安全だという確信を、どうやって持ち、かつ、どうして皆が行うのでしょうか?

事故が起こらなければ、スピードは速ければ速い方がいいと言う感覚に皆が陥ってしまう。。。

おなじことが、マスコミ報道にも言えるように思えます。

事故(自殺など)が起こらなければ、(情報ではない)状報は多い方がいいと言う感覚に皆が陥ってしまう。。。

事故が起こったときに、かならず発言される
時速○○キロ「もの」スピード

本来ならば、「事故を起こすほどの」スピードというのが妥当なのだろうけれど、具体的な数値状報を求めてしまう。。。
そうして、それが切りのいい数字(100キロとか)であれば、「やっぱり」なんて感覚に陥ってしまう。。。
そういった感覚と同じものが、ボーリング大会に対するパッシング報道を引き起こすのだろうと思います。

共感(および共感したつもり)という知的切断面の一線と、「事故」という凄惨な現状を引き起こす一線との違い。。。
前者は、不必要に細かな状報を求めるのに対し、後者は、必要かつ十分な状報を求めている。。。

前者は、知的・幻想的な共感故に、情の知的切断面にしか過ぎず、後者は、関連するあらゆるもの(そうして知・情・意も)が一体となった総体として捉えられなければならない問題に相当するであろうゆえ、真の情(共感をも超える遺族の方々の情、そうして当事者の情)を含んでいると考えます。

マスコミ報道の「速度超過」を含め、共通の要因である「h.それらすべての遠因である社会的・文化的要因」に関しては、皆が深く考えねばならない問題なんだろうと思います。。。
[PR]
by kisugi_jinen | 2005-05-08 03:44 | つれづれ。。。 | Comments(0)
<< 小さな花たちの大きな宇宙。。。... 小さな花たちの大きな宇宙。。。 >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
[自我=自己の自己に対す..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧