AX
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その10。。。
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その9。。。

前回、自身の記憶の曖昧さにて伝聞情報に落ち込んでしまった(笑)。

ドラマでの「壁は乗り越えるためにある。」は、ある意味、非常に象徴的な友彦の発言でもある。

は、正確には、恭子が言っており、「塀は乗り越えるためにある」だ。その直後に「変わらないね」というセリフが入るが、着実に変化していってることを、3人は確実に共有していることであろう。。。

さて、ドラマも佳境に入りつつあるところで、本ブログにて、この物語に触れた以上、あと2つの視点からの記述をしなければならない。

1.前野氏の「受動意識仮説」
2.宮崎駿氏の「風の谷のナウシカ(原作・コミック版・全7巻)」

である。

1.「受動意識仮説」と「わたしを離さないで」との関係
受動意識「仮説」そのものには否は無いものの、閉鎖的な思索を行いがちな方々にとっては、「仮説≒真実」という思い込みの結果、自己・アイデンティティを見失い、人間性という概念の否定と、全ての意識および主体性が機械的な反応としての「結果」にしか過ぎないという思い込みに陥ることになる。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6177884.html

このような人々が少なからず存在する以上、この手のドラマが負の方向へ全く影響を及ぼさないとは限らない。
そうして、負の方向へ導かれてしまった人と遭遇する人々にも一定数の割合で、そういった人々を差別的に扱う方が出てくる危険性もある。「そのように考える人々は、真に魂の存在しえないゾンビと同等だ」と。。。


2.「風の谷のナウシカ(原作)」と「わたしを離さないで」との関係
まず、クローン・臓器移植といった生命工学的なバックグラウンドは、風の谷のナウシカ(原作)にて深く・広く・重く扱われている。(幾度か滅びた後、ないし幾度か滅びる前という意味で)完全に異なる世界であるが故、現実との整合性を取る必要が生じていない。
しかしながら、そういった前世代からの生命工学的・知的な資材・遺産によって制約を受け続けている現世界の人々と共に歩むナウシカが、汚れと共に現世界を一度滅ぼすことで新たな生命を生み出そうとする前世代からのプログラムに対し、無謀な挑戦をし続けようとするときにナウシカが語る言葉は深く・重い。。。
私達は 血を吐きつつ
くり返し くり返し
その朝を こえて とぶ鳥だ!!

生きることは 変わることだ
王蟲も粘菌も 草木も人間も
変わっていくことだろう
腐海も共に 生きるだろう
(「風の谷のナウシカ」第7巻、ANIMAGE COMICS ワイド版、宮崎 駿、徳間書店)


「人間が機械やゾンビと違わないという極端な還元論的な思考への落ち込み」(極端な受動性)と。。。
「たとえ絶望しか感じ得なくても、その向こう側へ進もうとし続ける強い思い」(極端な能動性)と。。。

これらの2つの側面は、あまりに極端でもあるが、思い・心・意思を持つからこそ、常に両者の間を揺らぎ続けるともいえる。「わたしを離さないで」は、クローン達のみならず、取り巻く人類もまた、斜陽の中で受動性主体の人生を歩んでいるかの如くに感じてしまう。

ドラマの最後では、「真実(まなみ)」に共感して立ち上がる支援者もいれば、反論する人々もいるといった、混在した状況の中を、恭子が静かに歩み続けていく姿を描いてほしいものである。
[PR]
by kisugi_jinen | 2016-02-29 22:45 | つれづれ。。。 | Comments(0)
<< わたしを離さないで。。。Nev... わたしを離さないで。。。Nev... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧