AX
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その8。。。
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その7。。。
上記の「その7」でも触れたが、物語の背景設定が特殊であり、イシグロ氏がクローンに設定上与えなければならなかった自由度との間には、些細なトラブルが発生しただけでも崩れ去りそうな感がある。
例えば、今回のドラマに取り入れられた集団での抗議行動である。そのような行動すら無意味に扱われうるほどの隔離性を、この物語のバックグラウンドには前提条件として組み入れられている。
イシグロ氏の原本では、クローンに対し人間の心に沸き起こる「蜘蛛を見るような、おぞましさ」という感覚が、避けがたい絶対的なものとして描かれ、そのことが社会との隔離の根底にあるとしている。
旧来から現在まで、民族、宗教間に発生する対立感情の根底とも不可分なバックグラウンドと重ね合わされ得るようにも思える。しかしながら、イギリスで好評だったということ以外、漏れ伝わってこない。原作がイングランドとスコットランドの両者に受け入れられて、かつ、民族間の対立とは重ね合わされなかったのならば、まさに人類とは一線を画す存在として認識されやすかったということ以外考えようがない。
物語の後半にて原作ではエミリ先生(ドラマでは恵美子先生)が説明している部分があり、ここ以外では一切の説明が無い。少なくとも法的な縛りすら無い状況で、人びとがクローンを隔離的に扱うことが、ごく自然に発生し、同じ技術を利用して、デザイナーベビーを作り出すことは社会的に許容されなかったとある。クローンを含む人工的な生命体は、人類とは一線を画す存在として、イギリスの読者には自然と受け入れられていたということになる。
理路整然と考えるなら、やはり宗教的な思想の差異を考えなければ説明がつかない。そういった意味にて、キリスト教的な「神から祝福されうる魂を持つ」かどうかが、根底にあると考えた。しかしながら、現代社会における日本のキリスト教の立場は、既に明言されている。

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/cbcj/970503.htm
クローン人間の研究に関する日本カトリック教会の見解
また人為的に作られるクロ-ン人間も、ひとたび作られたならば、人間として の尊厳、絶対的な価値をもつ存在となることを、見落としてはなりません。クロ -ン人間は、遺伝子の視点からみるならば、自然に見られる一卵性双生児と同じ であって、完全な人間なのです。一卵性双生児の二人が、人間としての絶対的価 値と尊厳を備えているのと同じように、クロ-ン人間も絶対的価値と尊厳を備え るのです。
このような絶対的価値と尊厳をもつ人間を創造するという業は、神に属するも のであり、絶対に人間の手にゆだねられてはなりません。


すなわち、クローンが発表された当時のイギリスという特殊性とは異なる日本を舞台に設定する以上、日本のドラマで「存在しない魂」の概念を組み込んで構成することは不可能だと思われるのだが、逆説的に受け入れられる危険性もある。

ゲームの中でのゾンビの殺戮同様、人びとを無差別に殺戮する事件が増えているということ。
特殊な生命体という区分の有無にかかわらず、「魂」という生命体の尊厳そのものを否定しうる異常者が増えているということ。。。

彼らの視点からも、また、そうして彼らを区別して見ようとする「正常だ」と自負している人びとが生まれる限りにおいては、この物語は、受け入れられるのかもしれない。。。
2016.02.28 10:00 一部追記。
2016.02.28 10:15 一部修正。
[PR]
by kisugi_jinen | 2016-02-28 07:54 | つれづれ。。。 | Comments(0)
<< わたしを離さないで。。。Nev... わたしを離さないで。。。Nev... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
venushack.com
from venushack.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧