AX
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その5。。。
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その4。。。

先日、ようやく原作本(といっても日本語訳)を購入した。

日本のドラマとは、決定的に異なるであろうポイントを確認したかったからである。
それは、宗教的なバックグラウンドである。

冒頭から1/4程度読み進めつつ、気になる箇所を探してざっくりと目を通した。
「やはり」というところ。。。

日本でのドラマの構成にても、うすうす気が付いていたのだが、クローンである彼らには、「墓」が無い。
キリスト教圏での「彼ら」は、おそらく動物レベルでもない。
いや、おそらく「ゾンビ」に近い存在として認識されるのかもしれない。
というより、「魂のない肉体」というべきか。
科学的にいうならソフトなロボットであり、哲学的にいうなら、チャマーズの「ハードプロブレム」にて扱われうる対象であろう。
彼らをとりまく親切な人々ですら、「心底の恐怖」から脱却できないでいる。
言葉として明記されていないが、神の恩恵を受ける資格を有さないものであり、魂が無いゆえ、死後を完全に否定されているものであろう。
だからこそ、「内なる彼女」の視点からの物語として記述することで、「他の人間と何ら変わりのない」という感情移入の効果を最大限に利用せざるを得ない物語だったのだろう。

しかしながら、無宗教を宗教とする日本では、そのような感覚を抱くものは皆無に近いかもしれない。それゆえ、彼らがあれほどまでに下げずまれる理由が理解できない。理解できないまま、表面的な部分での共感のみでドラマを継続していかねばならない。

そういった観点から見れば、「真実(中井ノエミ)」の自殺のシーンは、二重性を帯びてくる。

神の寵愛の対象でもなく、魂もなく、墓すら与えられない自分自身の為に生きるという選択肢はあり得ないという観点からすれば、「出来の悪いゾンビ」としてしか見られ得ない。一方で、そういった「神・魂・死後・墓」という概念を排除したところに問題点を探るなら、端的には「権力に潰された英雄」として見られるかもしれない。
日本の社会でのドラマとしては、曖昧さの中に置かざるを得ないのだろうが、その曖昧さにどれだけの観客が耐えうるのだろうか?

日本のドラマとしてのラストは、そういった諸問題をどうやってつなぎ合わせていくのだろうか?

※「その2」から「その4」までは、「わたしを離さないで」のファンメッセージに概要を投稿し、この「その5」の冒頭部分も投稿したのだが、「墓が無い」ということと「皆が心底恐怖している」という事実を原作本で確認したため、ファンメッセージへの投稿は、これ以降は行わないこととした。

ドラマ自体が根底にあるところの問題をどうやって切り抜けていくのかを見届けたいからである。

↑ 2016.02.24 01.58 前言撤回。 「皆が心底恐怖している」部分を除き、投稿した。内容は下記の通り。もしかしたら掲載されない可能性もあるが、現代日本が抱えている多くの殺人事件報道と諸国における無差別殺戮の多くについて、深く考えるべき事柄に直結していると思い、あえて投稿することとした。。。

===
原作を買い、冒頭からは第1部(第1章から9章)を読み終えた。といってもザックリと後書きも含めて全体を読み終えている。
そうして、英国で本作品が受け入れられた理由につき宗教的な側面から確信することができた。確信できた段階で、こちらへの投稿は控えるつもりだったが、ドラマの冒頭からあからさまに描出されているので、録画している人は見返してみるべきだろう。
英国と異なり日本だからこそ気が付きにくく隠されてしまっているという事実。
冒頭、「恭子」が提供を終えた仲間を焼却した灰はどこに行くのか? 脱出し即時解体された2人の子供を含め、亡くなっていった多くのクローンを弔う場所はあるのか? 「真実」が自殺した現場に「恭子」と「珠世」が花とタバコを手向けるが、一瞥すら投げかけない通行人達。
そう、クローンには墓が無い。いや、死後という概念が存在しない。
彼らの魂が神から祝福された魂として存在しえないという観点が英国で出版された背景にあるのだろう。
日本のドラマで扱いにくいキリスト教的な魂の概念だが、無宗教という宗教にどっぷりと浸かった日本だからこそ、気づきにくいという逆説に驚愕すべきだろう。
===

2016.02.24 03:15 追記
原作の背景設定としては、クローン・臓器移植という枠内を外部からどれだけ異質な環境に閉じ込め得るか?が、キャシー(ドラマ:恭子)の視点から読み進めなければならない読者へのメッセージが、どれだけ強烈になり得るかに直結している。

「同じ人間のはず、同じ思考をするはず、同じ感覚・感情をもつはず」、だからこそ「同じ魂を持つはず」、だからこそ「よりよく生きようとするはず」という思索の連係が、(英国で出版された)原作版では、後半にて「同じ魂」という部分で梯子が外されてしまう。

異民族、異文化、宗教の異なる国・民族の果てしなき殺戮を抑止する力は、「同じ魂」という前提が崩れた段階で、崩れ去っていく。。。

そういった宗教概念をも越えようとするところにこそ、強大な力を存続させ続けることができるであろう。
この物語の原作を読み終えようとするとき、そういった力を知らず知らずのうちに使っていることだろう。

ただし、宗教的な背景にて、一度は梯子が外された感を抱かない限り、そういった力の強さを身に着けることは困難なのではないだろうか?

ましてや日本。。。

外されるべき梯子すら気にならないまま、日本風にアレンジされた細やかな人間関係の移ろいに翻弄され、「どうして?・なぜ?」といった疑問を抱いたとしても、深く追及することもなく、突然の終了に「大したことのないドラマ」と思ってしまう人々が続出するような気がしてならない。

脚本家・演出家・俳優の方々がどのようにして、そういった難問を調整していくのだろうか? そしてテレビ局と視聴者を含めた全体が、日本独自の梯子を認識し、外された環境を身近な問題として感じ取れるような構成へと移ろい行くのであろうか?

まだまだドラマは続いていく。。。

[PR]
by kisugi_jinen | 2016-02-23 00:32 | つれづれ。。。 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinen.exblog.jp/tb/25383481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 来生自然の。。。 at 2016-02-25 04:15
タイトル : わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。..
わたしを離さないで。。。Never Let Me Go。。。その5。。。 連日投稿してしまった。。。 ===カースト制度。この言葉が脳裏をかすめる。 世の中、どれほどの子供たちが自身の将来について運命づけられていることだろうか。 日本においても、ブラック企業、格差社会という言葉がマスコミに登場し、親の環境によって左右される子供たちがどんどん増えている。 グローバル化によって民族・国家の境界線を除去しようとする試みは、逆説的に民族、国家の境界を際立たせ、目に見えない境界線にて、暴動・テロ...... more
<< わたしを離さないで。。。Nev... わたしを離さないで。。。Nev... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧