AX
痛ましい事故への随想。。。
まずは、隣国の痛ましき事故に対し、謹んで哀悼の意を表します。
。。。

今日(いや昨日になってしまった)の夕方、日本海に立ち寄ることがあり、しばらく潮風に吹かれていた。
連休に突入したとはいえ、日本海を吹き荒ぶ風は冷たく、30分も佇んでいると体の芯から冷え込んでしまう。。。

日本海に沈む夕日の雲間から流れ来る光の帯が、砕け散る波頭に反射し、靄(もや)がかった海岸のテトラポットは、風と波の砕け散る音で、かすかに揺れ動くようにすら感じる。
隣国の南の海岸ですら、この寒さなのに。。。
沈みゆく船の中に残された、多くの若者たちの痛ましき最後を思うと、冷え切った体の痛みすらも、世迷いごとのようにすら感じざるを得ない。私の場合、ほんの少しの時間さえあれば、暖かい場所へと帰ることができるからでもある。。。

我が国と隣国で流される、流されている報道を見るにつけ、越えがたい境界概念が脳裏をよぎっていく。。。
端的に言ってしまえば、知と情の概念区分に相当する。
無論、本ブログの過去の記述にもあるように(※1)、どちらが上位概念だとかいった意味でも、二者択一的な境界を有しているとかいった意味でもないのだが、報道される内容の節々に、第三者的・他国的な視点が介在するため、私の思索癖でも同様に、どうしても評価の対象として扱われざるを得ないのかもしれない。

隣国の行動規範を、主として情を中心として思索すると、私の内部では、すっきりと受け入れられる。この「すっきりと受け入れられる」は、まさに知的切断面であり、切り離されるべきではない情の本質とは本来的には異質のものでしかないのだが、知的にしか理解しえない人類にとっては原罪にも似たモノである以上、語りつくさねばならないのかもしれない。

隣国では筆舌に尽くせない、人と人を繋ぐ情のあり様(ありよう)を、包み隠さず表現することを第一義的に選択せざるを得ないのだろう。このことについては、歴史的・民族的な背景があるように思われる。
ただし、時代の変遷の影響なのだろうか、知的に悪用する輩もいるようで、現時点では、そういった類の暴露合戦がニュース系統の首座を占めているように思われる。
しかしながら、「知的に」といった途端、「情的な・全体」は切断されているため、本質を見誤る危険性は常に存続し続けている。隣国内部ですら、そのような状況である。情的に発動された行為と、知的な思惑に影響された行為を切り分けることは、情を含む総体性からいえば、知的な切り分けそのものとなり、本質的な情すら切断しかねないであろう。

知・情の側面からの話以外に、国境を挟んでの安全性に言及する一部報道に関し、すこしだけ付け加えておきたいことがある。
上述の痛ましい事故の後に発生した隣国の地下鉄事故に関することも含まれる。
一部ネット上での報道に限定されているのであればいいのだが、双方の国の安全性に対し、国レベル・民族レベルでの評価そのものが「?」である。
通貨を基準としたグローバル化といった流れの中で、安全性が損なわれる方向にあるのは、どの国においても、同じことである。記憶に新しいのは、旧国鉄から分離したJR北海道での多発した事故と、その後の管理体制の問題であり、さらに遡れば、東日本大震災での福島第一原発の事故にも通じる部分がある。直近では、ピーチ航空の異常低空飛行が該当する。
双方の国のマスコミ(特にネットでの発信)が、そういった根本的なところを追求せずに、表面的な批判に終始している現状は、非常に痛ましい限りである。(ネット上でトップにリストアップされているものに限定されざるを得ないのも、ある意味、痛ましい事態ではあるのだが。。。)

※1:関連する本ブログ内記事については、後日、リンクを追記していく。
[PR]
by kisugi_jinen | 2014-05-04 02:40 | つれづれ。。。 | Comments(0)
<< 知的切断。。。思春期人(ししゅ... 伏して死すより、座して死す。。。 >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
[自我=自己の自己に対す..
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧