AX
よくあるパターンだが、あったら最悪のシナリオ。。。「鉄砲玉」。。。
「鉄砲玉」。。。

ヤクザな世界で、血気盛んな下っ端に殺害や危害を加えさせるやり方。。。

うまく利用すれば、自らの手を汚さずに、相手にダメージを与えることができ、自らは罰せられることもないと考えるシナリオ。。。

「人間単位での鉄砲玉」で、来ることが予測できたなら、何とか対処も可能だろうが、もし仮に「国単位の鉄砲玉」が画策されたなら。。。

一つの海なのに別の読み名のある海を挟んで睨み合い、一続きの大陸なのに3つ以上の国に分裂している側に「鉄砲玉」になりたがっている国があるとすれば。。。

くわばら、くわばら。。。

同時に3つの国に共通のエサを与えると、どうなるのか。。。

少なくとも、兵法を知っている者なら、複数の敵と渡り合う場合には、敵を分散させる戦法をとるはずであろうに、兵法すら忘れた民族に、「鉄砲玉」をかわすことができるのだろうか?

くわばら、くわばら。。。

「自己責任で何とかしろ」とまくし立てても、「鉄砲玉」が飛んできたら「自己」も「他人」も無関係。。。

前回は知らない間に落ち着いてしまったが、今回は「鉄砲玉」が潜んでいるだけに、恐ろしや。。。


靖国。。。思想(知的切断)。。。右翼と左翼の差異と共通点。。。
http://jinen.exblog.jp/8320369/

愛国心・教育の方向性としてのすれ違い。。。
http://jinen.exblog.jp/6228967


自己責任と参拝と。。。2。。。
http://jinen.exblog.jp/3842621


自己責任と参拝と。。。
http://jinen.exblog.jp/3648265

*2014.01.03 05:24-06:00 追記
知らなかったのだが、靖国参拝問題を朝まで生テレビ系にて取り扱ったようで、参拝容認過半数というアンケート結果について、それぞれの立場での見解がでていたりして興味深い。

いずれにしても、国や民族といった集団形成においては、魂とか霊とか神といった宗教的な概念が背景には必ず潜んでいるものであり、それぞれの国・民族は、それぞれの文化を相互に尊重しあう必要がある。でなければ、戦争や戦争に付随する種々の問題を引き起こすことになる。問題なのは、そういった文化的背景・歴史認識問題を外交カードに使うことである。国際的に平和な状態を維持しようとすることを目的としているのなら、「相互に尊重しあうこと=文化・(国際的な司法裁判にて決着のついた)歴史的背景を外交カードとして利用しないこと」というのは、当然のことになるだろうと思うのだが。。。

歴史認識論を引き合いにだすのなら、その根本にある宗教的な認識論にまで立ち入る必要があるのだろう。
そもそも、日本の神社での参拝では、鈴の大きな音によって神様に「来ました」ということを伝えなければならない。そもそも「霊的・神的」な存在であれば、心の中で思い・念じるだけで筒抜けになっていなければおかしいと思うものであるが、「なぜ、大きな音が必要なのか?」については、深く考えるべきであろう。

神様や英霊の方々の霊的な能力について詮索するのもいいのだが、今回の靖国参拝の背景事情の一つとして、首相の参拝を強く願っている方々がおられることも重要な事項であろう。そういった方々への「お知らせ」としての「音」の意味合いが非常に強い。

日本という国が形成される過程にあって、多くの宗教的・民族的な集団が戦い争って一つの国家を形成していく過程を想像するに、宗教的な象徴・モニュメントとしての対象物に祈願するとき、心の中のみで念じるだけで大丈夫という概念よりも、敵を含めて多数の人々に「知らしめる」行為の方が効果的であるのは当然のことであろう。

「大声を発するものが強い」

インターネットは靖国参拝での鈴の音を境界なく拡声する装置でもあり、外交カードに使われるべきではない他国内部での他国に対する文化・宗教批判の声を境界なく拡声する装置でもある。

それぞれの「情・思い」が先にあるが故、論理的・知的論争での正当性論争がすれ違うのは当然のことである。このあたりの論点については、既に上記のリンク先にて記述済みであるが、いずれにしても「知的思索(机上の空論ともいう)」の域を出ないのは歯がゆいところでもある。

[PR]
by kisugi_jinen | 2013-12-28 02:12 | つれづれ。。。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://jinen.exblog.jp/tb/21737331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一晩で、何度も反芻した夢。。。 量子光学の基礎、古澤 明、内田... >>



「ともし火に我もむかはず燈(ともしび)もわれにむかはず己がまにまに」(光厳院) --- 厳然とした境界を越え得ぬとき、その上でなお、越えうるものがあるとすれば、それは「情」である。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
最新の記事
お知らせとリンク。。。
お知らせ
●コメントスパム対策のため、承認制に変更しました(2010.09.29)
●トラックバックのリンクチェック機能を追加しました。excite以外からのトラックバックをされる場合、当該記事へのリンクを埋め込んでください。
リンク
ゲストブック
---全体的なコメント等は、こちらへどうぞ。。。
来生自然のホームページ
---私の知の思想史。。。
鉄鼠
---「考える」ということに向き合う。。。
Genxx.blog
移転後http://blog.genxx.com/
---「情」を含めて専門的な立場から「こころ」を模索し続けるGenさんのブログ。。。
研幾堂
---山下裕嗣氏による哲学のサイト。以前、形而上学についてやりとりさせていただいた。
記事ランキング
最新のコメント
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 01:29
Kandomonmasa..
by kisugi_jinen at 03:51
kisugi_jinen..
by Kandomonmasa at 14:28
> SumioBabaさ..
by kisugi_jinen at 10:41
「神」を完全に解明しまし..
by SumioBaba at 05:06
最新のトラックバック
究極の人工知能。。。ショ..
from 来生自然の。。。
所詮ゲーム、背景を勘ぐる..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラと所信表明演..
from 来生自然の。。。
ポケモンGOのお台場騒動..
from 来生自然の。。。
シン・ゴジラ。。。
from 来生自然の。。。
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧